学んでチェック

3. ESD について

学習のページ 1

温暖化や貧困、飢餓、エネルギー問題など地球規模の問題、国内でも農村部の過疎化や里山の荒廃、商店街の衰退、さらには「無縁社会」などといった諸問題が深刻化しており、これまでの暮らし方や社会・経済活動を見直す必要が生じています。
これらのさまざまな問題を解決するためには、社会を構成する一人ひとりが、人と人、人と社会、人と自然とのつながりを取り戻し、環境保全や健康福祉、地域活性化・まちづくりなどのESD活動に参画することで、持続可能な社会を築く力を育み、一人ひとりがいわば「未来の担い手」となることが不可欠です。
地域でいろいろな人と協力して環境保全に取り組んでいる、まちづくりをしているなど、あなたの活動は「未来の担い手づくり」につながっています。これらの活動を世界ではESDと呼んでいます。