新エネルギー・産業技術総合開発機構、北海道で風力発電から水素に変換する実証事業を開始

2017年9月29日 | その他 | その他

新エネルギー・産業技術総合開発機構は、北海道で、川崎重工業や室蘭工業大学などと、風力で発電した電力の一部を水素に変換するとともに、熱エネルギーとしても有効活用する新たなエネルギーシステムの実現とビジネスモデルの構築を目指す実証事業を開始した。

本事業では、出力変動が大きな風力発電設備に対して、安定的に売電できる電力量を予測し、模擬的に売電することで、電力系統の安定化を図る。さらに、有効活用が難しい不安定電力を一旦水素に変換して輸送・貯蔵することにより、燃料として有効活用するシステム技術開発を実施する。

実証場所は、風力発電のポテンシャルが高い北海道の内でも、屈指の風力発電に適した苫前町にある町営の風力発電施設を利用する。

新エネルギー・産業技術総合開発機構、北海道で風力発電から水素に変換する実証事業を開始(新エネルギー・産業技術総合開発機構)

川崎重工、風力発電の電力を一部水素にして熱エネルギーに活用する実証事業を開始

2017年9月29日 | その他 | 企業

川崎重工は、11月下旬から北海道で、気象条件で発電量が大きく変動する風力発電の利用率向上のため、その電力の一部を水素に変換するとともに、熱エネルギーとしても有効活用する新たなエネルギーシステムの実現とビジネスモデルの構築を目指す実証実験を始める。

具体的には、出力変動が大きな風力発電設備に対して、安定的に売電できる電力量を予測し、模擬的に売電することで、電力系統の安定化を図る。さらに、有効活用が難しい不安定電力を一旦水素に変換して輸送・貯蔵することにより、燃料として有効活用するシステム技術開発を実施する。

今回の実証実験では、さまざまな技術を使い、風力発電の不安定さ、水素の持つ特性など、それぞれのメリット、デメリットを調和させ、効率的なエネルギー活用を可能にする技術を実証していく。

川崎重工、風力発電の電力を一部水素にして熱エネルギーに活用する実証事業を開始(川崎重工業株式会社)

林野庁、平成29年度「木づかい推進月間」を実施

2017年9月29日 | 催し | 官公庁

林野庁は、平成17年度から、木材を利用することの意義を広め、国産材利用を拡大していくための国民運動として、「木づかい運動」を展開している。
特に、10月は「木づかい推進月間」としており、今年も様々なイベントが全国各地で開催される。

住宅を含む木材利用に特化したイベントのほか、地域のイベントに参画する形で開催されているイベント、あるいは木工作品のコンクール等、様々な行事が開催される予定。

詳細は、「木づかい推進月間」のページを参照。
http://www.rinya.maff.go.jp/j/riyou/kidukai/gekkan.html

林野庁、平成29年度「木づかい推進月間」を実施(林野庁)

環境省広報誌「エコジン」10・11月号発行! 巻頭インタビューは、五輪女子マラソンメダリストの有森裕子さん

2017年9月29日 | その他 | 官公庁

環境省は、広報誌「エコジン」の10・11月号を発行した。

2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピック競技大会で使用される約5,000個の金・銀・銅メダルを、全国から集めたリサイクル金属で作ろうという「都市鉱山からつくる!みんなのメダルプロジェクト」を始め、小型家電リサイクルについて特集する。

第2特集では、強い毒性と健康被害が明らかになり、日本では45年前に製造が禁止された化学物質「PCB」についてわかりやすく解説する。

エコジン・インタビューは、五輪女子マラソンメダリストの有森裕子さんが登場。有森さんが考える理想的な"環境問題への取り組み方"等について語る。

「エコジン」は、資源を大切にするため電子書籍(隔月発行)で発行している。

環境省広報誌エコジン
http://www.env.go.jp/guide/info/ecojin/index.html

環境省広報誌「エコジン」10・11月号発行! 巻頭インタビューは、五輪女子マラソンメダリストの有森裕子さん(環境省)

2017年「3R推進月間」の取組が全国70自治体や協力企業等で実施

2017年9月29日 | 催し | 官公庁

毎年10月は、「3R推進月間」として、全国の地方公共団体や民間企業等で、3Rや循環型社会の構築に向けた様々な情報発信などを展開している。
今年度は、全国70自治体(都道府県、政令指定都市、中核市、東京23特別区)で、関連行事が開催されるほか、民間企業等でも積極的な取組が実施される。
環境省においても、3Rの理解促進と取組の推進を目的としたイベント「Re-Style FES!」を、イオンモール幕張新都心をはじめ、全国各地で開催する。
日時:10月21日(土)、22日(日)の2日間
場所:イオンモール幕張新都心(千葉県千葉市)
内容:高校生らによる3Rの取組発表、地元中学校吹奏楽部による環境省3R応援ソングの演奏などを実施する予定

その他、環境省では、11月末まで、「選ぼう!3Rキャンペーン」を全国1,000店舗以上で実施している。
環境省初となるこの取組は、「リデュース」につながる省資源商品や「リサイクル」などに関連するキャンペーン対象商品の購入を通じて、消費者一人ひとりが、3Rや資源の大切さを認識・共感し、日頃の行動(商品選択)の定着へ結びつけることを目指している。

2017年「3R推進月間」の取組が全国70自治体や協力企業等で実施(環境省)

環境省、平成29年度「全国・自然歩道を歩こう月間」及び「自然歩道関係功労者表彰」を実施

2017年9月29日 | 催し | 官公庁

環境省は、毎年10月の1カ月間を「全国・自然歩道を歩こう月間」と主唱し、多くの人々が全国の長距離自然歩道をはじめ自然や文化に恵まれた自然歩道を歩くことを通じて、自然とふれあい、自然への理解を深めることを目的とした各種行事を都道府県等との協力のもと実施している。
本年度も、長距離自然歩道をはじめとする全国各地の自然歩道を歩きながら、自然に親しみ、自然への理解を深めるための行事を全国展開する。

また、この月間中に、永年にわたり自然歩道の維持・管理等に顕著な功績のあった者に対する「自然歩道関係功労者表彰」を行っており、今年は11の団体と個人を表彰する。

各地の行事の詳細や、表彰の対象者等はプレスリリース参照。

環境省、平成29年度「全国・自然歩道を歩こう月間」及び「自然歩道関係功労者表彰」を実施(環境省)

熊本県、家庭における冬の節電活動の参加者を募集

2017年9月28日 | 催し | 都道府県

熊本県は、節電などの環境保全行動に参加した人にポイント券を交付し、九州全体でCO2削減を進めていく「九州エコライフポイント制度」の家庭における「冬の節電活動」への参加者を募集している。
参加者には抽選で最大2,000円分のポイント券が当たる。

平成29年12月から平成30年2月までの3か月分の検針票を提出し、前年同期比で電気使用量が削減できた人に2,000ポイント、削減できなかった人にも1,000ポイントが抽選で当たる。その他、九州各地の特産品が当たるチャンスもある。

平成29年12月22日までに申込が必要。

熊本県、家庭における冬の節電活動の参加者を募集(熊本県)

環境省、平成29年度第12回3R推進全国大会を10月24日に開催

2017年9月28日 | 催し | 官公庁

環境省、沖縄県、3R活動推進フォーラムは、沖縄県において、「3R推進全国大会」を開催する。
当日プログラムは、3R促進ポスターコンクール最優秀賞の表彰、3Rに関する記念シンポジウム、ブース展示、施設見学会などとなっている。

日時:平成29年10月24日(火)13:00~16:50
場所:沖縄コンベンションセンター(沖縄県宜野湾市)
ブース展見学以外は参加申込が必要。

プログラム詳細や参加申込の詳細はプレスリリース参照。

環境省、平成29年度第12回3R推進全国大会を10月24日に開催(環境省)

住友商事、石垣島で台湾製電動スクーターのシェアリング事業を展開

2017年9月28日 | その他 | 企業

住友商事株式会社は、沖縄県石垣市と、市が目指す「新たな価値の創造による“持続可能な発展”を目指した島づくり」の支援を目的に提携する。
その一環で、台湾のGogoro社の製造するバッテリー交換式電動スクーターと交換式バッテリー充電ステーションを活用したシェアリングサービスを石垣島にて今年度内に開始する。
中長期的には、Gogoro社が整備したステーションおよび交換式バッテリーをエネルギーネットワークの基盤とし、Gogoro社スクーターのみならず、広く他社のスクーターや小型モビリティ等の電源として開放し、オープンプラットフォーム化していくことで、多様なEVの普及を目指す。

バッテリー充電ステーションの一部には太陽光パネルを設置し、再生可能エネルギーを最大限活用する。また、災害時には防災拠点への緊急電力供給の役割を担う設備としても活用する予定。

住友商事、石垣島で台湾製電動スクーターのシェアリング事業を展開(住友商事株式会社)

青森県、自動車からのCO2削減を目指す「スマートムーブキャンペーン」を11月に実施

2017年9月27日 | 催し | 都道府県

青森県では、温室効果ガス排出量のうち、運輸部門では8割以上が自動車からの排出が占めており、特に乗用自動車からのCO2の削減が課題となっている。
そこで、運輸部門における地球温暖化対策の新たな取組として、今年度から「スマートムーブ」(エコで賢い移動)をキーワードに、エコドライブとノーマイカーの一体的な取組の拡充を図ることとし、10・11 月の 2 か月間、「あおもりスマートムーブキャンペーン」を展開する。
「スマートムーブ」とは、通勤・通学・買い物・旅行など、その時の状況に応じて環境にやさしい移動方法を選択する新しいライフスタイル。

期間中、県内6カ所でのキャンペーンキャラバン、ラジオCMやポスター配布、広告展開等で、取組の全県的な広がりと効果の増大を図る。

青森県、自動車からのCO2削減を目指す「スマートムーブキャンペーン」を11月に実施(青森県)

このページのTOPへ