「Science Based Targets(SBT:企業版2℃目標)策定セミナー」「サプライチェーン排出量算定セミナー」の参加事業者を募集

2017年7月31日 | 催し | 官公庁

2015年12月にCOP21で採択されたパリ協定では、世界共通の長期目標として、産業革命前からの平均気温の上昇を2度未満にすることが盛り込まれている。
環境省は、企業が2度目標に整合した意欲的な目標を設定し、サプライチェーン全体で効果的に削減を進めることは、国内の削減目標の達成、ひいてはパリ協定の達成に効果的と考え、今年度、「SBT策定セミナー」と、「SC排出量算定セミナー」を開催する。

それぞれのセミナーは、8月末から9月末にかけて、大阪、東京にて開催される。
参加登録は先着順。

応募方法等詳細はプレスリリース参照。

「Science Based Targets(SBT:企業版2℃目標)策定セミナー」「サプライチェーン排出量算定セミナー」の参加事業者を募集(環境省)

環境省主催シンポジウム「効果的な環境アセスメントの推進について」を山梨で8月31日に開催

2017年7月31日 | WEB | 官公庁

環境省は、環境影響評価法、条例及び自主的な取組が一体となった環境影響評価制度のより一層の効果的な推進を目的に、シンポジウムを開催する。

自主的な環境アセスメントに関する取組及び事後調査等の報告書に関する取組を中心に、国や地方公共団体における取組状況や有識者からの講演を行うとともに、効果的な環境アセスメントの推進に向けてパネルディスカッションを行う。

日時:平成29年8月31日(木) 14:00~17:00
場所:山梨県立大学・飯田キャンパス (甲府市飯田)

参加には事前申込が必要。詳細はプレスリリース参照。

環境省主催シンポジウム「効果的な環境アセスメントの推進について」を山梨で8月31日に開催(環境省)

「CO2削減/ライトダウンキャンペーン」実施結果を発表

2017年7月31日 | 催し | 官公庁

環境省は、6月21日から7月7日までの間、「CO2削減/ライトダウンキャンペーン」を実施するとともに、6月21日(夏至の日)と7月7日(クールアース・デー)両日の20時から22時までの2時間を特別実施日として一斉消灯を呼び掛けた結果、両日合わせて53,085 箇所の施設が参加したと発表した、

両日合計で、削減消費電力量(参加施設からの申告値)は643,128.35 kWh、CO2排出削減量は約378t- CO2(約27,000世帯の一日当たりのCO2排出量に相当)であった。

参加施設等詳細はプレスリリース参照。

「CO2削減/ライトダウンキャンペーン」実施結果を発表(環境省)

環境省、自然等の地域資源を活かした温泉地の活性化に向けた提言を発表

2017年7月31日 | 制度・計画 | 官公庁

環境省は、自然等の地域資源を活かした温泉地の活性化に関して、有識者会議を開き、現代人のライフスタイルに合った温泉地での過ごし方を「新・湯治」として提案し、その推進のために必要な考え方や方策を「新・湯治推進プラン」としてまとめ、発表した。

「新・湯治推進プラン」は、「[1]楽しく、元気になるプログラムの提供」、「[2]温泉地の環境づくり」、「[3]「新・湯治」の効果の把握と普及、全国展開」を柱としている。

今後、本提言を踏まえ今年度内を目途に「新・湯治推進プラン」実現のためのロードマップを作成する予定。

環境省、自然等の地域資源を活かした温泉地の活性化に向けた提言を発表(環境省)

佐川アドバンス、空のPETボトルで無農薬野菜が育てられるキットの新製品を発売

2017年7月28日 | 教材 | 企業

佐川アドバンス株式会社は、空のペットボトルを再利用し無農薬野菜を育てる栽培キット「エコ菜園キット」を全国のローソン店舗限定で7月28日(金)より販売を開始した。

エコ菜園キットは、「黄金トマト」「夏オクラ」「四葉クローバー」「小ネギ」の計4種類で、各500円(税込)。

ペットボトルと水を用意するだけで、土を一切使わず、家庭で簡単に植物の栽培が可能。
植物の栽培を通じて、植物を育てる楽しさを発見、収穫を体験でき、夏休みの自由研究にも活用できる。

佐川アドバンス、空のPETボトルで無農薬野菜が育てられるキットの新製品を発売(佐川アドバンス株式会社)

国土交通省、空港における特定外来生物「ヒアリ」の点検結果発表(ヒアリ確認されず)

2017年7月28日 | その他 | 官公庁

国土交通省は、現在までに複数の港湾でヒアリが確認されている事案を受けて、7月7日に国際定期便が就航する以下の29の空港の管理者に対し、ヒアリに関する緊急点検を行うよう要請致した。

国管理空港:
新千歳、函館、仙台、羽田、新潟、広島、高松、松山、福岡、北九州、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、 那覇(16空港)
会社管理空港:
成田、中部、関西 (3空港)
地方管理空港:
旭川、青森、富山、静岡、岡山、佐賀、新石垣 (7空港)
共用空港:
百里(茨城)、小松、美保(米子) (3空港)

点検の結果、上記29空港について、ヒアリは確認されなかった。

国土交通省、空港における特定外来生物「ヒアリ」の点検結果発表(ヒアリ確認されず)(国土交通省)

68港湾におけるヒアリの調査・防除を8月より実施

2017年7月28日 | その他 | 官公庁

環境省及び国土交通省は、中国、台湾等からの定期コンテナ航路を有する68港湾における調査を、8月より順次実施すると発表した。

ヒアリについては、6月9日に兵庫県尼崎市で初確認されて以降、現在までに10事例が報告されています。ヒアリの侵入状況をモニタリングするため、中国、台湾、フィリピン、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、北米、カリブ、中米、南米からの定期コンテナ航路を有する68港湾を対象として、調査を実施する。

初回の調査は、8月2日(水)の横浜港から開始し、その後、8月上旬から下旬にかけて他の67港湾で順次実施する。

68港湾におけるヒアリの調査・防除を8月より実施(環境省)

ヒアリ確認地点の周辺2km程度の調査を7月31日より実施

2017年7月28日 | その他 | 官公庁

環境省は、ヒアリ確認地点の周辺2km程度に規模を拡大した調査を、7月31日(月)より順次実施すると発表した。
7月31日(月)は、兵庫県神戸市で調査を実施する予定。

ヒアリについては、6月9日に兵庫県尼崎市で初確認されて以降、現在までに10事例が報告されている。ヒアリ確認地点において、発見個体の殺虫処分及び殺虫餌(ベイト剤)等による防除作業を実施しているが、ヒアリ確認地点の周辺におけるモニタリングを目的として、周辺2km程度に規模を拡大した調査を実施する。

現時点での調査対象地は下記のとおり。
兵庫県(神戸市及び尼崎市)、愛知県(弥富市、飛島村及び春日井市)、大阪府(大阪市)、東京都(品川区)、千葉県(君津市)、神奈川県(横浜市)、福岡県(福岡市及び北九州市)、大分県(中津市)

ヒアリ確認地点の周辺2km程度の調査を7月31日より実施(環境省)

環境省生物多様性センター、「生物多様性まつり2017」を8月20日に開催

2017年7月28日 | 催し | 官公庁

環境省生物多様性センターは、"生きもののつながり"について学んでもらうことを目的として、「生物多様性まつり」を開催する。
毎年夏に開催しており、今年は8月20日(日)に山梨県富士吉田市にある生物多様性センターで開催する。

「あなたのまちの生物多様性」をテーマとした企画展やドローン等のハイテク技術を用いた鳥の調査に関する講演会の他、オリジナルエコバッグやペットボトルを用いたランタンづくりなどのクラフト体験など、子どもから大人まで楽しめるイベントを実施する予定。

日時:平成29年8月20日(日)9時~17時
場所:環境省生物多様性センター(山梨県富士吉田市)
参加費:無料

詳細はプレスリリース参照。

環境省生物多様性センター、「生物多様性まつり2017」を8月20日に開催(環境省)

COOL CHOICE連携事業について(鉄道連携ポスター)

2017年7月28日 | その他 | 官公庁

環境省は、「COOL CHOICE」連携事業として国土交通省(鉄道局)と連携し、エコな鉄道をもっとエコにする「エコレールラインプロジェクト」と、環境省が推進している「smart move」を呼び掛けるポスターを作成した。
【エコレールラインプロジェクト】
鉄軌道事業者における省電力化・低炭素化に資する設備の導入を支援する事業で、平成25年度から国土交通省と環境省が連携して実施している。
【smart move(スマートムーブ)】
"「移動」を「エコ」に。"をテーマに、エコで賢い移動方法を選択し、CO2排出量の少ない「移動」を推進するキャンペーン


ポスターは、7月から9月に全国100の駅や関連施設及び鉄道車両内で掲出予定。

COOL CHOICE連携事業について(鉄道連携ポスター)(環境省)

このページのTOPへ