環境省、平成27年度瀬戸内海における各種調査の結果公表

2016年3月29日 | 報告書 | 官公庁

環境省は、瀬戸内海環境保全特別措置法第3節(自然海浜の保全等)の施行状況について、瀬戸内海関係11府県を対象に実施した各種調査の結果を公表した。
自然海浜保全地区の指定状況等調査では、平成27年12月末時点で、自然海浜保全地区は合計91地区が指定されており、平成26年12月末から平成27年12月末までの期間における自然海浜保全地区の新たな指定或いは廃止はなかった。
埋立状況調査では、平成26年11月2日から平成27年11月1日までの期間における埋立免許・承認面積は合計1.1ha、平成27年12月時点の未利用地の面積は合計254.0haであった。
海砂利採取状況等調査では、平成26年度の海砂利の採取実績量は合計で37千m3、平成27年度の海砂利の採取認可量は40千m3であり、採取の目的は河口閉塞対策であった。
これらの結果については、平成27年2月27日に変更(閣議決定)された「瀬戸内海環境保全基本計画」に係る取組の状況把握に役立てる。

環境省、平成27年度瀬戸内海における各種調査の結果公表(環境省)

環境省、パリ協定から始めるアクション50-80 ~地球の未来のための11の取組~公表

2016年3月29日 | 制度・計画 | 官公庁

環境省は、パリ協定から始めるアクション50-80「地球の未来のための11の取組」を公表した。
「地球の未来のための11の取組」では、昨年のパリ協定の採択を受け、その実施に向けて、世界は新たなスタートを切っており、日本は、温室効果ガス排出量を2030年度に2013年度比で26%削減(2005年度比で25.4%削減)するとの中期目標の達成に向けて、また、2050年に80%削減するとの長期目標を目指し、今から具体的なアクションを起こすことが必要としている。

環境省、パリ協定から始めるアクション50-80 ~地球の未来のための11の取組~公表(環境省)

環境省~名水百選30周年記念~「名水百選」選抜総選挙 結果発表

2016年3月29日 | その他 | 官公庁

環境省は、「平成の名水百選」(平成20年選定)を含めた200の「名水」の中から選抜された名水を、「観光地」、「景観」、「秘境地」、「おいしさ」の4つの部門ごとに、認知や支持、人気等を競いあう~名水百選30周年記念~「名水百選」選抜総選挙の結果を発表した。
総選挙は、ウォータープロジェクトサイト内の専用ページからインターネット投票で行われ、「観光地」、「景観」、「秘境地」、「おいしさ」の4つの部門で実施した。4部門合わせた総得票数は114,398票、部門毎では、1.観光地としてすばらしい「名水」部門で52,474票、2.景観がすばらしい「名水」部門で41,055票、3.秘境地としてすばらしい「名水」部門で7,540票、4.おいしさがすばらしい「名水」部門で13,329票の投票があった。
観光地としてすばらしい「名水」部門と景観がすばらしい「名水」部門で、「安曇野わさび田湧水群」(昭和の名水百選)長野県安曇野市が、第一位になった他、秘境地としてすばらしい「名水」部門は、「鳥川ホタルの里湧水群」(平成の名水百選)愛知県岡崎市、おいしさがすばらしい「名水」部門は、「おいしい秦野の水~丹沢の雫~ /秦野盆地湧水群」(昭和の名水百選)神奈川県秦野市が一位となっている。

環境省~名水百選30周年記念~「名水百選」選抜総選挙 結果発表(環境省)

特定鳥獣保護・管理計画作成のためのガイドラインが策定

2016年3月29日 | 制度・計画 | 官公庁

環境省は、平成22年に作成した特定鳥獣保護管理計画作成のためのガイドライン(ニホンジカ編)及び(ニホンザル編)について、その後の状況の変化等を踏まえて、「特定鳥獣保護・管理計画作成のためのガイドライン(ニホンジカ編・平成27年度)」及び「特定鳥獣保護・管理計画作成のためのガイドライン(ニホンザル編・平成27年度)」として取りまとめたと発表。
併せて、平成27年12月25日(金)から平成28年1月24日(日)の期間で実施した、同ガイドライン案に対するパブリックコメントの結果についても取りまとめている。
特定鳥獣保護管理計画制度は、地域的に著しく増加または減少している野生鳥獣の個体群の科学的・計画的な保護管理の実施により人と鳥獣との共生を図る目的で、平成11年に創設され、平成27年4月1日現在、46都道府県で6種について131計画が作成されている。
「特定鳥獣保護管理計画作成のためのガイドライン」は、これら都道府県が作成する計画の技術的な参考となる資料として策定されたもの。
カワウ以外の5種のガイドラインについては、平成12年にマニュアルとして公表し、平成22年に「特定鳥獣保護管理計画作成のためのガイドライン」として改訂を行っている。
今回の見直しは、その後、多くの知見が集積されたことから、現行のガイドラインをより具体的かつ実践的な内容とすべく行ったもの。

なお、パブリックコメントでは、意見提出総数3通(ニホンジカ編(平成27年度)に対して2通、ニホンザル編(平成27年度)に対して2通。※両方に意見を出した意見提出者もいるため、総数と一致しない)が届いた。

特定鳥獣保護・管理計画作成のためのガイドラインが策定(環境省)

文部科学省、北極研究戦略委員会(第1回)の開催概要を公表

2016年3月29日 | 制度・計画 | 官公庁

文部科学省は、平成28年2月22日(月曜日)10時00分~12時00分に文化庁5階特別会議室(東京都千代田区霞が関3-2-2)で開催された「北極研究戦略委員会(第1回)」の開催概要について発表。
当日の議題は、(1)今後の北極研究のあり方について、(2)その他。
当日配布資料をPDFファイルで公表している。
北極域における環境の急激な変化は、地球全体の環境や生態系に大きな影響を与えるとともに、海氷の減少に伴う北極海航路や資源開発の可能性が高まるなど、非北極圏諸国を含め、世界的な関心が高まっている。
こうした中、日本の強みである科学技術を基盤として、国際社会において、先見性を持って積極的に主導力を発揮していくことが必要であるとともに、北極域研究において日本の科学技術力をどのように捉え、今後どのように強化していくべきかなど、北極域研究の意義・役割についての議論や、北極域に関する研究開発・観測や国内研究拠点の整備、国際連携や国際協力、人材育成などについての議論が同戦略委員会の目的とされている。

文部科学省、北極研究戦略委員会(第1回)の開催概要を公表(文部科学省)

国土交通省、「かわまちづくり」支援制度などで新規登録や変更を決定 地域の個性やニーズに対応した河川整備を推進

2016年3月29日 | 制度・計画 | 官公庁

国土交通省は、「かわまちづくり」支援制度に係る計画の登録及び変更、水辺の楽校プロジェクトの登録、河川防災ステーション整備計画の承認について発表。
国土交通省水管理・国土保全局では、地域と連携して、ハードとソフトを一体的に整備することにより、地域の個性やニーズに対応した河川整備の一層の推進を図るため、「地域と連携した川づくりに係る事業」を実施している。平成27年度の登録・変更の概要は、以下の通り。
・「かわまちづくり」支援制度:新規登録9箇所、変更8箇所(全体157箇所)
河川空間とまち空間が融合した良好な空間形成を支援する取組み
・水辺の楽校プロジェクト:新規登録1箇所(全体287箇所)
河川を活用した体験活動の充実を図るための水辺整備を行う取組み
・河川防災ステーション:新規承認3箇所、変更1箇所(全体130箇所)
洪水時等の緊急対応を迅速に行うための拠点を、市町村と連携して整備するもの

国土交通省、「かわまちづくり」支援制度などで新規登録や変更を決定 地域の個性やニーズに対応した河川整備を推進(国土交通省)

「COOL CHOICE」株式会社ローソンとの連携施策を発表

2016年3月28日 | その他 | 官公庁

環境省は、「COOL CHOICE」の更なる認知度向上を図り、身近な生活のなかで、未来のために、今選択できるアクションへの参加を呼びかけるため、株式会社ローソンと連携施策を実施することを発表した。
株式会社ローソンでは、レジ袋の削減を目指して、来店時に携帯してもらう「コンビニecoバッグ」の普及推進や、買物で貯めた共通ポイントとCO2オフセットの交換、或いは店頭のマルチメディア情報端末「Loppi」での現金による申込み受付けによって、顧客自身のCO2排出量をオフセットすることができる「CO2オフセット運動」の取組を実施している。また、子どもたちが社会と自分との関わりや経済の仕組みなどを学ぶことができる「スチューデントシティ」の中に体験店舗を開設し、コンビニエンスストアの仕事とともに環境への取り組みについても学べる機会を提供している。これらの社会・環境貢献活動に加え、以前から取り組んでいる環境保全や地球温暖化対策を継続していくなかで、「COOL CHOICE」の紹介や、ローソン自体の取組が「COOL CHOICE」のアクションのひとつであることをメッセージとともに発信して行くとしている。

「COOL CHOICE」株式会社ローソンとの連携施策を発表(環境省)

平成26年度容器包装リサイクル法に基づく市町村の分別収集及び再商品化の実績

2016年3月28日 | 報告書 | 官公庁

環境省は、「容器包装に係る分別収集及び再商品化の促進等に関する法律」(平成7年法律第112号。以下「容器包装リサイクル法」という。)に基づく市町村における平成26年度の分別収集及び再商品化の実績を取りまとめ公表した。
分別収集実績については、全市町村に対する分別収集実施市町村の割合は、ガラス製容器、ペットボトル、スチール製容器、アルミ製容器の4品目が前年度に引き続き9割を超えた。また、全市町村に対する分別収集実施市町村の割合を人口カバー率でみると、ほぼ前年同であった。
また、再商品化実績については、 市町村において分別収集され、再商品化計画に基づき再商品化事業者に引き取られた量(再商品化量)は、その他の色のガラス製容器が対前年度比で2%増となっている。
また、市町村の分別収集量に対する再商品化量の割合(再商品化率)は、アルミ製容器が98.0%、段ボール製容器が99.2%と高く、容器包装リサイクルの全体では96.0%となっている。

平成26年度容器包装リサイクル法に基づく市町村の分別収集及び再商品化の実績(環境省)

第18回日本水大賞の受賞者決定

2016年3月28日 | その他 | 官公庁

国土交通省は、日本水大賞委員会(名誉総裁:秋篠宮殿下)が、水循環の健全化に貢献する様々な活動を行っている学校や団体の活動を対象とした第18 回日本水大賞の受賞者を「特定非営利活動法人筑後川流域連携倶楽部」(福岡県)に、国土交通大臣賞の受賞者を「特定非営利活動法人パートナーシップオフィス」(山形県)に決定したと発表。
日本水大賞は、安全な水、きれいな水、おいしい水にあふれる21 世紀の日本と地球を目指し、水循環の健全化に貢献するさまざまな活動を対象に、社会的貢献度が高い、水防災、水資源、水環境等の分野における活動の中から、特に優れたものを表彰し、広く国民に発信することを目的として平成10 年度から行っているもの。
表彰式及び受賞活動発表会は、平成28 年6 月21 日(火)に日本科学未来館(東京都江東区)で開催となる。

第18回日本水大賞の受賞者決定(国土交通省)

アサヒビール、広島県庄原市の社有林で初の大人向け夜のイベントを開催へ

2016年3月28日 | 催し | 企業

アサヒビール株式会社は、社有林「アサヒの森」の一部である甲野村山こうのむらやま(広島県庄原市)で開催する、大人のための夜のイベント『アサヒの森「焚火と森とウイスキー」』について発表。
アサヒの森では、子どもたちを対象としたイベントを年間数回開催しているが、今回初めて大人のためのイベントを開催する。
今回のプログラムでは、夜の森の体験に加えて、焚火を囲みジャズのライブ演奏を楽しみながら美味しいウイスキーとともにゆったりとした大人の時間を過ごす。焚火にはアサヒの森の間伐材から作った薪を使用。焚火を通じて適切な森林管理と木質バイオマスとしての森林資源の有効活用について参加者といっしょに考えていく。
同社の事業は、自然の恵みである麦芽やホップ、そしてなにより水によって支えられており、貴重な水を浄化し蓄える機能をもつ森林を守ることは事業を守ることにつながることから、1941年から同社が保有する森林「アサヒの森」において、健全な森林の維持と持続可能な森林経営に取り組んできた。

開催日:4月9日(土) ※悪天候により中止する場合もある。
開催場所:「アサヒの森」甲野村山(広島県庄原市)
集合場所:14:30広島駅(※詳細は参加者に連絡)
※お酒のイベントのため、集合知の広島駅までも含めて、当日車での参加はできない。
応募条件:満20歳以上
※健康上心配がない方、団体行動に支障がない方。
※アサヒグループ社員および関係者の応募はできない。
参加費用:一人3,000円(税込)※バス代、イベント参加代、保険代含
スケジュール:
14:30 集合 広島駅
16:30 「アサヒの森」甲野村山到着
オリエンテーション、アサヒの森散策
焚火を囲んでのウイスキータイム(ジャズライブ演奏あり)
20:00 「アサヒの森」甲野村山出発
22:00 解散 広島駅
応募方法:はがき、またはFAXに、代表者の氏名、住所、年齢、直接連絡の取れる電話番号、メールアドレス、参加者の氏名、年齢を記入。
応募先:
〒727-0012 庄原市中本町1-8-2 アサヒの森環境保全事務所 宛
FAX 0824-72-0728
問い合わせ先:アサヒの森環境保全事務所
TEL 0824-72-0104 FAX 0824-72-0728(10:00 ~ 17:00※土・日・祝日を除く)
募集期間:2016年4月1日(金)到着分まで
抽選・当選発表:厳正な抽選の上、当選者のみにEメールまたは電話にて連絡(4月5日(火)までを予定)。
当選者のEメールアドレス、住所・転居先不明、不在などにより連絡がつかない場合は、当選を無効とする。

アサヒビール、広島県庄原市の社有林で初の大人向け夜のイベントを開催へ(アサヒビール株式会社)

このページのTOPへ