生物多様性分野における気候変動への適応の基本的考え方まとまる

2015年7月31日 | その他 | 官公庁

政府全体の「適応計画」策定に向けて、環境省自然環境局では、平成26年度に、12名の学識経験者からなる「生物多様性分野における気候変動の適応に関する検討会」(東北大学大学院中静座長)を開催した。ここでの検討を踏まえて、この度、「生物多様性分野における気候変動への適応についての基本的考え方」と「当面の具体的取組」をとりまとめた。
「基本的考え方」は、生物多様性分野における、気候変動に対する適応に関し、取組や対応について基本的な考えをまとめたもので、主なポイントは、[1] 気候変動に対し生態系は全体として変化するため、これを人為的な対策により広範に抑制することは不可能。[2] 基本的には、モニタリングにより生態系と種の変化の把握を行うとともに、気候変動以外のストレスの低減や生態系ネットワークの構築により、気候変動に対する順応性の高い健全な生態系の保全と回復を図ること。[3] 限定的な範囲で、生態系や種、生態系サービスを維持するため積極的な干渉を行う可能性もあるが、相当慎重な検討が必要。[4] 各種適応策の実施による生物多様性への影響について、負の影響の回避や最小化、正の影響の最大化が必要。[5] 防災・減災や暑熱緩和など、生態系の有する機能を活用した適応策は、社会や経済両面で有効であり、特に人口減少化のわが国において取組を進めることが必要。-としている。
また、「当面の具体的取組」には、基本的考え方を踏まえ、政府全体の適応計画に位置付けるべき適応策や、生物多様性国家戦略の中で記載を具体化すべき要素、今後数年で推進すべき具体的な事業のイメージをとりまとめたものとなる。今後は、これらをもとに、生物多様性分野に関する適応について、政府全体の適応計画など具体的な計画等への反映や取組を進めていくとしている。

生物多様性分野における気候変動への適応の基本的考え方まとまる(環境省)

フロン回収・破壊法に基づく平成26年度フロン類破壊量、約4,495トンに

2015年7月31日 | 報告書 | 官公庁

環境省はフロン回収・破壊法に基づき、フロン類破壊業者から報告された平成26年度のフロン類破壊量をとりまとめ、27年7月31日付けで公表した。
平成26年度のフロン類破壊量の総計は約4,495トンで、平成24年度の破壊量と比べると約0.6%増加した。
フロン類の種類別に見ると、CFC(クロロフルオロカーボン)が約155トン、HCFC(ハイドロクロロフルオロカーボン)が約2,305トン、HFC(ハイドロフルオロカーボン)が約2,034トンであった。
また、フロン類破壊業者に引き取られたフロン類の量をフロン回収・破壊法に基づく特定製品別に見ると、第一種特定製品(業務用冷凍空調機器)からの冷媒フロン類が約3,731トンで前年度と比べて約1.4%の増加、第二種特定製品(カーエアコン)からの冷媒フロン類は約772トンで前年度と比べて約3.8%の減少となっている。

フロン回収・破壊法に基づく平成26年度フロン類破壊量、約4,495トンに(環境省)

福島県旧警戒区域内等におけるイノシシ等の捕獲開始

2015年7月31日 | その他 | 官公庁

環境省は、平成27年度の福島県旧警戒区域内等におけるイノシシ等の捕獲について、8月1日から開始する。
平成23年3月に発生した福島第一原子力発電所事故以降、立入りが原則禁止されている帰還困難区域等で、イノシシ等が人里へ出没し、農地等を掘り返す等の被害が出ていたことから、平成25年度から捕獲を開始した。昨年度は富岡町、大熊町、双葉町、浪江町、葛尾村において381頭のイノシシ、イノブタを捕獲。
今年度も、富岡町、大熊町、双葉町、浪江町、葛尾村において、はこわな56基(昨年度40基)で捕獲を行う。

福島県旧警戒区域内等におけるイノシシ等の捕獲開始(環境省)

環境省、「低炭素杯2016」エントリー団体の募集開始

2015年7月30日 | 催し | 官公庁

環境省は、平成27年7月30日、「低炭素杯2016」へのエントリー募集が「低炭素杯実行委員会」により、平成26年9月14日(月)まで行われることになったと発表。
「低炭素杯」は、北海道から沖縄まで、学校・非営利団体・企業・自治体などの多様な主体が、地域性や団体の特性に応じた個性的な温暖化防止の取組や事業を展開しており、そうした活動を全国から集め、発表や団体同士の交流を通じて、取組のノウハウや情報を共有し、さらなる活動へ連携や意欲を創出する仕組みとなる。
「低炭素杯2016」では、来年2月の本大会出場権の選考に臨む団体の募集を、「地域エネルギー部門」等4部門で開始する。応募方法は、プレスリリース参照のこと。

環境省、「低炭素杯2016」エントリー団体の募集開始(環境省)

環境省「アカミミガメ対策推進プロジェクト」公表

2015年7月30日 | 制度・計画 | 官公庁

環境省は、アカミミガメ(通称:ミドリガメ)に関して、今後の目指す方向やその防除実現に向けた「アカミミガメ対策推進プロジェクト」について発表。
アカミミガメは、生態系等へ被害を及ぼすことが懸念されることから、平成17年の外来生物法の施行に合わせて法律に基づく特定外来生物への指定が検討されたが、「野外での繁殖確認事例が少ないこと」、「大量に飼育されており、指定により野外への大量遺棄が発生するおそれがあること」等の理由から指定が見送られていた。
近年、野外での繁殖確認事例の増加や在来水草の採食、ニホンイシガメとの競合、農業被害等が指摘されており、本年3月に環境省及び農林水産省で作成した「生態系被害防止外来種リスト」においても、「緊急対策外来種」に位置づけられている。
一方で、依然として大量に飼育されている現状があるため、環境省では、野外への大量の遺棄の防止、野外における防除等を総合的に実施していくためのプロジェクトを進めることとなった。
プロジェクトでは、平成27年度に、事前の調査として、アカミミガメによる生態系影響、全国の生息状況の水系、流通量の調査等を実施し、それらを踏まえ、平成28年度からモデル事業を実施予定。

環境省「アカミミガメ対策推進プロジェクト」公表(環境省)

沖縄県、「環境保全活動促進のための環境教育プログラム研修会」の受講者を募集

2015年7月30日 | 人材 | 都道府県

沖縄県は、「環境保全活動促進のための環境教育プログラム研修会」(前期日程)の受講者募集について発表。
同研修会は、実績的な環境教育が地域や学校等で活発に行われることを目的に作成した「沖縄県環境教育プログラム(小学校・中学校編)」の活用をテーマに、概要説明及び実践、環境教育に関連した体験学習について実施する。
申込対象者は、県内小中学校及び高等学校等の教員及び環境教育に関心のある事業者、NPO等民間団体職員、地域住民(自治会、こども会、こどもエコクラブ等における指導者等)、県・市町村の教育委員会及び環境行政機関等の職員等が対象。参加費は、無料(ただし、交通費は、自費負担となる)。

開催スケジュール
(1)南風原町
開催日時:平成27年8月9日(日) 13時20分~17時30分
会場:南風原町立中央公民館(南風原町字喜屋武236)
申込締切:7月31日(金)
(2)浦添市
開催日時:平成27年8月29日(土) 12時00分~16時00分
会場:港川自治会事務所(浦添市字港川326)
申込締切:8月21日(金)
(3)那覇市
開催日時:平成27年9月6日(日) 9時30分~13時30分
会場:那覇市立森の家みんみん(那覇市首里儀保町4-79-8)
申込締切:8月28日(金)

なお、後期研修は、9月~12月にかけて開催される予定。
沖縄県環境教育プログラム(小学校編、中学校編、高等学校・民間団体編)は、沖縄県環境政策課のホームページより閲覧できる。
http://www.pref.okinawa.jp/site/kankyo/seisaku/kikaku/2571.html

沖縄県、「環境保全活動促進のための環境教育プログラム研修会」の受講者を募集(沖縄県)

平成27年度環境技術実証事業 照明用エネルギー低減技術セミナー8月18日開催

2015年7月29日 | 催し | 官公庁

環境省は、平成27年度環境技術実証事業 地球温暖化対策技術分野(照明用エネルギー低減技術)の実証対象技術の公募に当たり、本技術分野の実証申請方法の説明に加え、環境技術に関連する政策動向や学識者による研究動向の紹介を含めたセミナーを開催する。セミナー参加希望者は、プレスリリース参照のこと。

タイトル:「省エネルギー照明技術の研究・実証動向」
開催日時:2015年8月18日(火) 14時00分から16時00分まで(13:00開場)
開催場所:建材試験センター日本橋オフィス 6階A・B会議室(〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町2丁目8番4号 日本橋コアビル)

平成27年度環境技術実証事業 照明用エネルギー低減技術セミナー8月18日開催(環境省)

「北海道COOL CHOICE大作戦~地球にやさしい移動(スマートムーブ)を選ぼう~」7月31日開始

2015年7月29日 | 催し | 官公庁

環境省は、北海道の夏の観光シーズン期間に「北海道COOL CHOICE大作戦~地球にやさしい移動(スマートムーブ)を選ぼう~」キャンペーン(主催:北海道COOL CHOICE大作戦 実行委員会)の実施について発表。
様々な協力企業と連携しながら、ポスターやステッカーなどの啓発ツールの掲示、ドライブ観光誌、FM NORTH WAVEの放送やライブイベントにおける呼び掛けを行うことで、スマートムーブやエコドライブなど移動における「賢い選択」の理解と具体的なアクションを促します。また、特設サイトを開設し、賛同者を募るキャンペーン等を実施する。
スマートムーブの取組やキャンペーン情報を紹介するツールを、新千歳空港内のレンタカー店舗、道の駅、サービスエリア、札幌市内の地下鉄や市電等で掲示する他、「北海道ガイドブック」やFM放送、Webサイトでキャンペーンを展開する。

「北海道COOL CHOICE大作戦~地球にやさしい移動(スマートムーブ)を選ぼう~」7月31日開始(環境省)

環境省、管水路用マイクロ小水力発電システム(75kW)実証実験開始

2015年7月29日 | 施設 | 官公庁

環境省は、地球温暖化対策の強化のため、高効率・低コストで小水力発電の導入量拡大が期待できる新しい管水路用マイクロ水力発電システム(75kW)の実証実験を7月30日から福島県相馬市で開始する。
上水道の水源から送水までの間に存在する未利用の位置エネルギーを活用する管水路用マイクロ水力発電システムは、年間を通して発電量が安定した効率的な再生可能エネルギーとして近年注目されている。
この事業は、上水道施設等の水流の余剰エネルギーを最大限に活用できる、小型化・高効率化した水車と発電機をパッケージ化し、低コストの管水路用マイクロ水力発電システムの開発と実証を目的としたもの。

環境省、管水路用マイクロ小水力発電システム(75kW)実証実験開始(環境省)

みちのく潮風トレイル野田村~普代村区間の開通

2015年7月29日 | 施設 | 官公庁

環境省は、三陸地域のグリーン復興プロジェクトの一つである「みちのく潮風トレイル」について、その一部となる岩手県野田村野田から岩手県普代村普代浜までの約24kmの区間で路線の設定及びルートマップの作成を終え、8月3日に開通する。
「三陸復興国立公園の創設を核としたグリーン復興のビジョン」(平成24年5月 環境省策定)のプロジェクトの一つである東北太平洋岸自然歩道「(愛称)みちのく潮風トレイル」については、日本で10番目となる新たな長距離自然歩道として、地域におけるワークショップの開催を通じて詳細路線の検討を進めている。ルートマップは、開通後にホームページで公開する。
URL:http://www.tohoku-trail.go.jp/routeIntroductions

みちのく潮風トレイル野田村~普代村区間の開通(環境省)

このページのTOPへ