環境省「家庭からの二酸化炭素排出量の推計に係る実態調査 全国試験調査」を実施へ

2014年9月30日 | その他 | 官公庁

環境省は、家庭からの二酸化炭素排出量の推計に係る実態調査試験調査の実施について発表。
「2012年度の温室効果ガス排出量(確定値)」(平成26年4月15日環境省発表)では、家庭部門のCO2排出量は増加傾向が続いており、2012(平成24)年度は2億300万トンで、1990(平成2)年度比で59.7%も増加している。
この背景としては、世帯数が増加傾向にあることや、家電製品の大型化・多様化などの要因が考えられ、より実態に即した効果的な削減対策を行うことが喫緊の課題となっている。
一方で、家庭部門に係るCO2の排出構造や排出削減の可能性を把握するために必要となる情報が十分に整備されておらず、こうした情報をより精緻に把握するための仕組みを確立する必要性が指摘されてきた。
こうした背景を踏まえ、環境省では、家庭部門における二酸化炭素排出構造の把握を目的とした公的統計を実現するために試験調査を実施することにしたもの。
調査は、平成26年10月~平成27年9月に全国10地方の15,000世帯、インターネットモニター調査の2方法による調査
調査項目は、以下のとおり。
・月別の CO2排出量を推計するためのエネルギー使用量等について(電気、ガス、灯油、自動車用燃料)
・太陽光発電について(月別の発電量、売却量、太陽電池の総容量)
・世帯について(世帯員、平日昼間の在宅者、世帯年収)
・住宅について(建て方、建築時期、所有関係、延床面積、居室数、二重サッシ・複層ガラスの有無)
・家電製品等について(テレビ・冷蔵庫・エアコン等の使用状況、家電製品に関する省エネ行動、使用場所毎の照明種類、照明に関する省エネ行動)
・給湯について(給湯器の種類、冬と夏の入浴状況、入浴やお湯の使用に関わる省エネ行動の実施状況)
・コンロ・調理について(コンロの種類、用意する食事の数、調理に関する省エネ行動)
・車両について(保有状況、使用状況)
・暖房機器について(保有状況、使用状況)/等

環境省「家庭からの二酸化炭素排出量の推計に係る実態調査 全国試験調査」を実施へ(環境省)

環境省、地域主導による再生可能エネルギー事業化促進に係る研修会開催

2014年9月30日 | 催し | 官公庁

環境省は、地域主導による再生可能エネルギー事業化促進に係る研修会開催について発表。
対象は、地方公共団体及び民間団体等で、1泊2日の研修会を全国6地域において実施する。
この研修会は、地域で企画立案される再生可能エネルギー事業の導入促進を目的とし、地方公共団体及び民間団体等の方々を対象とした研修会を実施することで、地域主導による再生可能エネルギー事業の人材育成を支援するもの。
1)札幌会場
TKPガーデンシティ札幌駅前(カンファレンスルーム 3A)
北海道札幌市中央区北2条西2-19 TKP札幌ビル 3F
http://tkp-sapporo.net/access.shtml
日時
10/28(火)13:00~18:00
10/29(水)9:30~16:00

2)東京会場
TKP市ヶ谷カンファレンスセンター(ホール3C)
東京都新宿区市谷八幡町8番地 TKP市ヶ谷ビル3F
http://tkpichigaya.net/access.shtml
日時
10/30(木)13:00~18:00
10/31(金)9:30~16:00

3)仙台会場
TKP仙台カンファレンスセンター(カンファレンスルーム 4B)
宮城県仙台市青葉区花京院1丁目2-3 ソララガーデン・オフィス4F
http://tkpsendai.net/access.shtml
日時
11/4(火)13:00~18:00
11/5(水)9:30~16:00

4)大阪会場
TKPガーデンシティ大阪梅田(カンファレンスルーム9B)
大阪府大阪市福島区福島5-4-21 TKPゲートタワービル9F
http://tkpumeda.net/access.shtml
日時
11/17(月)13:00~18:00
11/18(火)9:30~16:00

5)名古屋会場
TKPガーデンシティ名古屋新幹線口(バンケットホール 7C)
愛知県名古屋市中村区椿町1-16 井門名古屋ビル 7F
http://tkpnagoya.net/access.shtml
日時
11/20(木)13:00~18:00
11/21(金)9:30~16:00

6)福岡会場
TKPガーデンシティ博多アネックス(ネプチューン)
福岡県福岡市博多区博多駅前4-11-18 ホテルサンライン福岡博多駅前 2F
http://gc-hakata-annex.net/access.shtml
日時
11/25(火)13:00~18:00
11/26(水)9:30~16:00

○問い合わせ先
三菱UFJリサーチ&コンサルティング 環境・エネルギー部
(担当:織田(おだ)、岩垂(いわだれ)、桜井)
〒105-8501 東京都港区虎ノ門6-11-2 オランダヒルズ
TEL:03-6733-3486/E-mail:saiene@murc.jp

環境省、地域主導による再生可能エネルギー事業化促進に係る研修会開催(環境省)

環境省、国立公園の魅力を海外に発信するためのサイトの開設

2014年9月30日 | WEB | 官公庁

環境省は、国立公園カレンダー「2015 Calendar National Parks of Japan」の作成および国立公園の魅力を海外に発信するためのウェブサイト「Japan National Park Expedition」の開設について発表。
国立公園指定80周年を契機として、国立公園の魅力を国内および海外へ発信する取り組みの一環として実施するもの。
・ダウンロード用国立公園カレンダー: http://www.env.go.jp/park/doc/calendar
・国立公園特設サイト「Japan National Park Expedition」: http://www.japan-guide.com/ad/nationalparks/

環境省、国立公園の魅力を海外に発信するためのサイトの開設(環境省)

環境省、平成26年度3R推進月間の主要行事を発表

2014年9月30日 | 催し | 官公庁

環境省は、3R推進月間に実施する「3R推進全国大会」、「環境にやさしい買い物キャンペーン」等の主要行事について発表。
3R月間は、国民及び事業者に対し、"3R"(廃棄物等の発生抑制(Reduce)、再使用(Reuse)、再生利用(Recycle))に関する理解と協力を求めるとともに、循環型社会の形成に向けた取組を推進するため、3R関係省庁、地方公共団体、関係団体による様々な取組や行事を行うもの。主要行事詳細は3R推進月間の取組内容参照のこと。
・3R推進月間の取組内容: http://www.env.go.jp/recycle/circul/3r_gekkan/index.html

環境省、平成26年度3R推進月間の主要行事を発表(環境省)

日仏文化交流事業・ヴェルサイユ宮殿における菊の「大作り」を展示

2014年9月30日 | 催し | 官公庁

環境省は、日仏文化交流事業・ヴェルサイユ宮殿における菊の「大作り」展示について発表。
同展示は、平成24年3月に環境省とヴェルサイユ宮殿間で署名された協力事業に基づき、両園の技術向上及び日仏文化の交流を推進するため、新宿御苑において継承している皇室由来の伝統的な菊の仕立て方である「大作り」(一株から数百輪の菊花を一斉開花・形成)をヴェルサイユ宮殿において展示するもの。フランスにおける「大作り」菊の展示は、1900年のパリ万国博覧会以来となる。

(1)「大作り」菊展示 ~大トリアノンで見る皇室の花~
日程:平成26年11月1日(土)~11月15日(土)
場所:ヴェルサイユ宮殿大トリアノン
(2)開会式典
日時:平成26年10月31日(金)11:30~13:00
場所:ヴェルサイユ宮殿大トリアノン
主催者:ヴェルサイユ宮殿美術館国有地公団、日本環境省
式次第(予定):「大作り」菊のテープカット、主催者等によるスピーチ、カクテルパーティー
招待予定者:フランス関係省庁、日仏関係機関・企業、マスコミ等(約200名)
(3)記念講演会
日時:平成26年11月8日(土)15:00~17:00
場所:パリ日本文化会館
主催者:パリ日本文化会館、ヴェルサイユ宮殿美術館国有地公団、日本環境省
テーマ:「日本の菊とヴェルサイユ宮殿の庭園」
講演者:小笠原左衛門尉亮軒(園芸研究家、(公社)園芸文化協会副会長)、アラン・バートン(ヴェルサイユ宮殿チーフガーデナー)

日仏文化交流事業・ヴェルサイユ宮殿における菊の「大作り」を展示(環境省)

国有林野の平成25年度管理経営状況を公表

2014年9月30日 | 報告書 | 官公庁

林野庁は、国有林野の管理経営に関する法律に基づく「平成25年度国有林野の管理経営に関する基本計画の実施状況」について発表。
国有林野の管理・経営は「国有林野の管理経営に関する基本計画」に基づいて実施されており、毎年9月末までに前年度の実施状況をまとめ、林政審議会の意見を聴いて公表されることになっている。
平成25年度は[1]公益重視の管理経営の一層の推進 [2]森林・林業再生への貢献 [3]森林環境教育や森林とのふれあい等の推進 [4]政策課題への率先した取組 [5]林産物の持続的かつ計画的な供給 [6]効率的な事業の実施 [7]東日本大震災からの復旧・復興への貢献--などの促進策の実施を報告している。

国有林野の平成25年度管理経営状況を公表(林野庁)

ホールアース自然学校、2015年度の実習生の募集を開始

2014年9月30日 | 人材 | NPO

ホールアース自然学校は、2015年度の実習生の募集開始について発表。
募集するのは、(1)アウトドア活動を行っている、もしくは興味がある、(2)環境問題とその解決に関心がある、(3)任せられた業務や役割に対して、その意義を自ら見出し、最後まで遂行する能力を有している、(4)自ら課題を見つけ、その解決のプロセスを整理し、実行することができる、(5)物事を前向きに捉え、明るい雰囲気で日々の業務にあたることができる、(6)初対面の人とも良好なコミュニケーションをとることができる、(7)社会課題にビジネスの手法を活用して継続的に取り組んでいくチャレンジ意欲がある を満たす人。
締切は、10月21日(書類必着)。
書類送付先・問い合わせ先は、〒419-0305 静岡県富士宮市下柚野165 ホールアース自然学校・富士山本校(担当:吉田洋子/浅子智昭)。TEL: 0544(66)-0152、FAX: 0544(67)-0567、e-mail:info■wens.gr.jp ←■を@に変換。

ホールアース自然学校、2015年度の実習生の募集を開始(ホールアース自然学校)

シンポジウム「気候変動に関する最新の科学的知見~IPCC第5次統合報告書に向けて~」10月21日開催

2014年9月30日 | 催し | 官公庁

環境省は、シンポジウム「気候変動に関する最新の科学的知見~IPCC第5次統合報告書に向けて~」の開催について発表。
同シンポジウムは、国内外の気候変動対策や本(2014)年10月末に完成予定の気候変動政府間パネル(IPCC)第5次評価報告書(AR5)の統合報告書(SYR)に関する議論を喚起することを目的としている。参加料は無料だが、事前の申込が必要。
日時は、10月21日(火)15:30~17:30(予定)。場所は全社協・灘尾ホール(東京都千代田区霞が関3丁目3番2号 新霞が関ビル内)。定員は100名)主催:環境省。共催:公益財団法人 地球環境戦略研究機関(IGES)。

シンポジウム「気候変動に関する最新の科学的知見~IPCC第5次統合報告書に向けて~」10月21日開催(環境省)

10月1日は「浄化槽の日」 第28回全国浄化槽大会を東京で開催

2014年9月30日 | 催し | 官公庁

環境省は、国土交通省と共同で開催する第28回全国浄化槽大会について発表。10月1日の「浄化槽の日」にちなんだもの。10月1日(水)14時から16時45分まで、東京都千代田区の東京會舘にて。
今回の全国浄化槽大会では、宮城大学 食産業学部環境システム学科教授 岩堀 恵祐氏よる記念講演:「古今東西糞尿譚 ~今後の浄化槽に期待する!~」のほか、浄化槽適正整備推進決議や関連表彰式を行う予定。
また、これ以外にも10月1日を中心に、全国で浄化槽の展示、維持管理についてのビデオ放映など普及促進キャンペーンなどが行われる予定。
なお、「浄化槽の日」は、昭和62年に当時の建設省・環境庁・厚生省の3省庁が制定したもので、浄化槽の普及促進と浄化槽法の周知徹底を通じて、生活環境の保全や公衆衛生の向上、公共用水域の水質保全に寄与することを目的としている。浄化槽に関する諸制度を整備した「浄化槽法」が昭和60年10月1日に全面施行されたことにちなむ。

10月1日は「浄化槽の日」 第28回全国浄化槽大会を東京で開催(環境省)

10月は「木づかい推進月間」 平成26年度のイベント内容を公表

2014年9月29日 | 催し | 官公庁

林野庁は、10月の「木づかい推進月間」中に実施するやイベントなどのスケジュールについて発表。
同庁では、地球温暖化防止と美しい森林づくりの推進に向け、国産材の利用の意義を国民に幅広く訴えるため、平成17年度から「木づかい運動」に取り組んでおり、毎年10月を「木づかい推進月間」として集中的な活動を行っている。
平成25年度の主なイベントは、以下の開催を予定している。
1)木づかい推進月間2014記念『2020年につなぐ、都市での木づかいシンポジウム』(10月10日(金)開催。場所はTKPガーデンシティ竹橋 (東京都千代田区))。
2)幼児向けキャラクターを活用した木づかいイベント~『森とつながる都市での木づかいシンポジウム』(10月18日(土)~19日(日)開催。場所は越谷レイクタウン (埼玉県越谷市))
3)木づかいで応援しよう~2014東北復興大祭典なかの~(10月25日(土)~26日(日)開催。場所は中野サンプラザ広場他 (東京都中野区))

10月は「木づかい推進月間」 平成26年度のイベント内容を公表(林野庁)

このページのTOPへ