「『環境首都あいち』フォーラム」の参加者募集について

2014年2月28日 | 催し | 都道府県

愛知県では、『環境首都あいち』の実現に向け、これからの愛知の環境と持続可能な社会づくりについて県民の皆様と一緒に考える「『環境首都あいち』フォーラム」を開催する。

愛知県では、現在、「第4次愛知県環境基本計画」について、愛知県環境審議会に諮問し、審議検討を行っていただいているが、このたび、同審議会総合政策部会において、「中間とりまとめ」が行われた。

フォーラムでは、この「中間とりまとめ」の概要をご説明するとともに、環境に係る様々な活動を行っている各分野の方々により、持続可能な社会を担う「人づくり」をテーマに、パネルディスカッションを行う。

【日時】
平成26年3月18日(火) 午後1時30分から午後4時まで(午後1時開場)

【場所】
愛知県産業労働センター(ウインクあいち) 5階 小ホール2
名古屋市中村区名駅四丁目4-38

【内容】
第1部 「第4次愛知県環境基本計画中間とりまとめ」について
講師 愛知県環境審議会総合政策部会 部会長
南山大学副学長 青木 清 (あおき きよし) 氏

第2部 パネルディスカッション
<テーマ>持続可能な社会を担う「人づくり」 ~「環境首都あいち」の実現に向けて~
<コーディネーター>南山大学副学長 青木 清 (あおき きよし) 氏

<パネリスト>
◆トヨタ自動車株式会社 プラント・エンジニアリング部長 樋口 正裕 (ひぐち まさひろ) 氏
◆名古屋大学 大学院 工学研究科 准教授 小林 敬幸(こばやし のりゆき) 氏
◆NPO法人 もりの学舎自然学校 理事 浜口 祐子(はまぐち ゆうこ) 氏
◆愛知県環境部 宇都木 悟(うつき さとし) 技監

申込み方法等、詳細は下記のウェブサイトを参照のこと。


【定員】
200名 (先着順)
※ 定員になり次第、申込みを締め切り
(なお、定員を超えた後に申込みをされた方には、ご連絡がある)

皆様ぜひご参加ください。

「『環境首都あいち』フォーラム」の参加者募集について(愛知県)

【環境省のお知らせ】「グッドライフアワード」の国民投票と 表彰式の実施について

2014年2月25日 | その他 | 官公庁

平成25年12月9日から平成26年2月3日にかけて募集を行った「グッドライフアワード」に147件の御応募があり、その中から、グッドライフアワード審査委員会において、優れた取組10件を最優秀賞候補として選定した。

2月24日から、優れた取組10件に対する国民投票をウェブサイト上で受け付けている。皆様からの投票結果を踏まえ、「環境大臣賞」として「最優秀賞」等を決定するので、ぜひ御投票を!

1.「グッドライフアワード」について
本アワードは、持続可能な社会の実現を目指し、一人一人が現在のライフスタイルを見つめ直すきっかけを作るため、「環境や社会に良い暮らし」やこれを支える取組(ボランティア活動、サービス・技術など)を募集・表彰する事業である。

2.投票及び表彰について
本アワードのウェブサイト上で投票を受け付けている。最優秀賞候補の取組10件を御覧いただき、御自身が「いいね!」「やってみたい!参加したい!」と感じるような取組3つをお選びいただく(投票は一人1回)。
http://iine-japan.f-navigation.jp/goodlifeaward/vote/

(1)投票期間
平成26年2月24日(月)~平成26年3月10日(月)

(2)表彰
投票結果を踏まえ、「環境大臣賞」として、「最優秀賞」(1件)、「優秀賞」(3件)、「グッドライフ特別賞」(6件)を決定し、表彰する。

最優秀賞候補の取組10件、表彰式ほか、詳細は下記のウェブサイトを参照のこと。

【環境省のお知らせ】「グッドライフアワード」の国民投票と 表彰式の実施について(環境省)

完新世の北太平洋中・深層水循環変動を解明~南太平洋における深層水形成強化が引き金か~

2014年2月25日 | 報告書 | その他

国立環境研究所環境計測研究センター 内田昌男主任研究員と海洋研究開発機構は、海底堆積物コアに保存された有孔虫(※)化石の放射性炭素同位体の分析から千年スケールの時間分解能で完新世(過去1万年間)における北太平洋の中・深層水循環変動の実態解明に成功した。

7500-6000年前には、南半球の気候変動が引き金となって、北太平洋の中・深層水循環が強化されたことがわかった。この変動は、南極海周辺における大気循環が強化され、南大洋における深層水形成の強化と連動する形で、深層水循環の下流に位置する北太平洋の深層水循環が強化されたものと考えられる。

これまで完新世における海洋循環変動に関する知見はほとんど報告例がなく、北太平洋における報告は、本研究が初となる。

(※)有孔虫:炭酸カルシウム骨格をもつ単細胞生物の化石。海洋表層に生息するものと(浮遊性有孔虫)、海底面に生息するもの(底生有孔虫)がある。これら有孔虫の炭酸カルシウム骨格に含まれる放射性炭素を測定することにより、有孔虫が生息していた時代の海水の年代を知ることができる。

詳細は、下記のウェブサイトを参照のこと。

完新世の北太平洋中・深層水循環変動を解明~南太平洋における深層水形成強化が引き金か~(独立行政法人国立環境研究所)

【環境省のお知らせ】国連「ESDの10年」後の環境教育推進方策懇談会(第2回)の開催について

2014年2月24日 | 催し | 官公庁

日本が提案して2005年から開始された国連「ESDの10年」は、2014年に最終年を迎え、同年11月に「持続可能な開発のための教育(ESD)に関するユネスコ世界会議」が日本で開催される。このことから、同会議を契機として環境教育をはじめ関連する国内のESDの取組の推進方策を検討するため、有識者の参画も得て、北川環境副大臣の下に国連「ESDの10年」後の環境教育推進方策懇談会(第2回)を開催する。なお、懇談会は公開で行う。

【懇談会の開催について】
(1)開催日時:平成26年3月6日(木) 15時~17時
(2)開催場所:三番町共用会議所 大会議室(本館2階)
東京都千代田区九段南2-1-5
(3)議題:
[1]課題の整理と個別課題ごとの討議
[2]関係自治体からヒアリング
[3]その他

【傍聴について】
本懇談会は、一般の方の傍聴が可能。傍聴を希望される方は、お申し込みが必要。
平成26年2月28日(金)17時必着
※傍聴席には限りがあるため、希望者多数の場合は抽選。傍聴の可否については3月3日(月)までに環境省より連絡する。

傍聴のお申し込み等詳細は、下記のウェブサイトを参照のこと。

【環境省のお知らせ】国連「ESDの10年」後の環境教育推進方策懇談会(第2回)の開催について(環境省)

【環境省のお知らせ】大山隠岐国立公園隠岐島地域指定50周年記念行事の開催について

2014年2月24日 | 催し | 官公庁

環境省 中国四国地方環境事務所では、大山隠岐国立公園隠岐島地域の指定50年周年を記念して、隠岐をテーマに第一線で活躍されている研究者をお招きしたイベントを開催する。イベントでは、世界ジオパークにも登録された隠岐の地形・地質や動植物をテーマにした講演及び意見交換を行う。皆様のご参加をお待ちしている。

【名称】
「知られざる隠岐の自然 ~大地と生き物のつながり~」
大山隠岐国立公園隠岐島地域指定50周年記念行事
隠岐世界ジオパーク認定記念行事

【日時・場所】
•平成26年3月8日(土)13時30分~16時00分
隠岐開発総合センター島民ホール(島根県隠岐郡海士町大字海士1490)
•平成26年3月9日(日)9時00分~12時00分
隠岐島文化会館 2階集会室(島根県隠岐郡隠岐の島町西町吉田の二)

【参加方法】
参加費無料。事前申し込み不要。参加受付は、原則先着順(定員100名)。
なお、3月8日の海士会場では、菱浦港から会場までの無料シャトルバスを運行するので、ご利用の方は、事前に隠岐自然保護官事務所(TEL 08512-2-0149)にお申し込みください。

内容等、その他詳細は、下記のウェブサイトを参照のこと。

【環境省のお知らせ】大山隠岐国立公園隠岐島地域指定50周年記念行事の開催について(環境省 中国四国地方環境事務所)

食品廃棄物削減キャンペーンを行います!

2014年2月24日 | 催し | 都道府県

日本では年間約1,700万トンの食品廃棄物が発生している。このうち本来食べられるにもかかわらず廃棄される、いわゆる「食品ロス」は約500~800万トンあると推計されている。これは、日本の年間コメ生産量に匹敵する量の食べられる食品が捨てられていることになる。
東京都環境局は、このような「もったいない」現状を都民の皆様に知っていただき、食品廃棄物削減に向けた取組を推進するため、「食品廃棄物削減キャンペーン」を開催する。

【開催日・場所】
1)平成26年3月15日(土曜)及び3月16日(日曜)
•イトーヨーカドー赤羽店 6階催事スペース
•イトーヨーカドー大井町店 1階入口

2)平成26年3月21日(祝日・金曜)及び3月22日(土曜)
•イトーヨーカドー木場店 1階催事スペース
•イトーヨーカドー武蔵小金井店 2階催事スペース

【内容】
•食品ロスの実態等を紹介するポスター掲示及びリーフレット配布
•食材使いきり料理の試食提供及びレシピ配布
•生ごみの水切り実演
•食品ロスの実態等を紹介する映像の上映

その他詳細は、下記のウェブサイトを参照のこと。

食品廃棄物削減キャンペーンを行います!(東京都)

無機系産業廃棄物(燃えがら・汚泥・鉱さい・ばいじん)32元素組成データベース公開

2014年2月24日 | WEB | その他

廃棄物はその種類、由来等により性状が様々である。そのため、廃棄物の処理や循環利用に際して、あるいは不法投棄などの事案があった際に、その廃棄物の特性を適切に把握するために、その外観、組成等の情報を総合的に把握して整理しておくことが重要である。

この課題への対応として、無機系産業廃棄物(燃えがら・汚泥・鉱さい・ばいじん)32元素組成データベース(略称:産廃元素データベース)を作成した。このデータベースは、燃えがら・汚泥・鉱さい・ばいじんに分類される様々な産業廃棄物190試料について、含有元素、試料写真、採取場所・業種、水分、溶出試験結果をとりまとめたものである。

なお、プログラムはMicrosoft WindowsXP/Vista/7において動作する。

データベースプログラムのダウンロードの方法等詳細は、下記のウェブサイトを参照のこと。

無機系産業廃棄物(燃えがら・汚泥・鉱さい・ばいじん)32元素組成データベース公開(独立行政法人国立環境研究所)

【環境省のお知らせ】第17回環境コミュニケーション大賞の受賞作決定について

2014年2月21日 | 報告書 | 官公庁

環境省と一般財団法人地球・人間環境フォーラムは、優れた環境コミュニケーションを表彰する「第17回環境コミュニケーション大賞」を実施しているが、この度受賞作を決定した。
これに伴い、表彰式を平成26年3月17日(月)に品川プリンスホテルにおいて開催する。

【環境コミュニケーション大賞】
「環境コミュニケーション大賞」は、優れた環境報告書等や環境活動レポート、及びテレビ環境CMを表彰することにより、事業者等の環境経営及び環境コミュニケーションへの取組を促進するとともに、環境情報開示の質の向上を図ることを目的とする表彰制度。

【表彰式】
・日時:平成26年3月17日(月) 14:00~15:30
・会場:品川プリンスホテル メインタワー17階「オパール 17」
(東京都港区高輪4-10-30)

(プログラム 予定)
第17回 環境コミュニケーション大賞表彰式
各賞表彰状授与
審査委員長講評 山本 良一氏(東京大学名誉教授)

参加申込締切は、平成26年3月7日(金)15:00まで。ただし、定員(50名)になり次第受付は締め切り。

受賞一覧、表彰式への申込み等、詳細は下記のウェブサイトを参照のこと。

【環境省のお知らせ】第17回環境コミュニケーション大賞の受賞作決定について(環境省)

【環境省のお知らせ】「カーボン・マーケットEXPO 2014」の開催について(第3報)

2014年2月20日 | 催し | 官公庁

近年、カーボン・オフセットをはじめとする市場メカニズムを活用した地球温暖化対策への市民・企業等の関心が高まってきており、具体的な取組もひろがりつつある。

市場メカニズムを活用した地球温暖化対策を、ビジネスやCSR活動等に活用いただくための情報提供を目的に、2014年3月4日(火)に東京国際フォーラムにて「カーボン・マーケットEXPO 2014」を開催する。

また、本イベントに先立ち、2014年3月1日(土)、2日(日)に東京丸の内KITTEにてカーボン・マーケットEXPO2014のプレイベントを開催する。その一環として、3月2日(日)に「地球温暖化×生物多様性ステージ in KITTE」を開催することが決定したので、あわせてお知らせする。

■「カーボン・マーケットEXPO 2014」
【日時・場所】
2014年3月4日(火)10:00~17:00
東京国際フォーラム 展示ホール1
〒100-0005 東京都千代田区丸の内3-5-1
※公式サイトから、登録が必要。

■「カーボン・オフセット×地域応援プロジェクトin KITTE~みんなの応援で地域を元気に~」
【日時・場所】
2014年3月1日(土)、3月2日(日)11:00~18:00(予定)
場所:KITTE アトリウム 特設ステージ
〒100-7090 東京都千代田区丸の内2-7-2
地域でカーボン・オフセットに取り組まれている企業等のパネル展示・オフセット商品の販売・親子向けのイベントを行う。

お問い合わせ窓口等、詳細は、下記のウェブサイトを参照のこと。

【環境省のお知らせ】「カーボン・マーケットEXPO 2014」の開催について(第3報)(環境省)

モリコロパーク「もりの学舎」春休み特別企画「森の指令書」「あそび工房」などイベント開催

2014年2月20日 | 催し | 都道府県

モリコロパーク内にある「もりの学舎(まなびや)」では、3月23日(日)から3月30日(日)までの8日間を春休み特別企画として、インタープリターと一緒に自然とふれあう「もりのツアー」や「あそび工房」などのイベントを実施する。

特に、3月23日(日)、29日(土)、30日(日)は一般社団法人愛知県産業廃棄物協会と、3月28日(金)はブラザー・ロジテック株式会社と協力して、上記のイベントに加え、もりの学舎の出すエコクイズにチャレンジする「森の指令書」、「紙芝居・絵本の読み聞かせ」などのイベントも実施する。

いずれも事前申し込みは不要で、参加費は無料なので、ぜひご参加を!

【実施場所】
愛・地球博記念公園(モリコロパーク)内
長久手市茨ケ廻間乙1533-1

具体的なプログラム等、詳細は下記のウェブサイトを参照のこと。

モリコロパーク「もりの学舎」春休み特別企画「森の指令書」「あそび工房」などイベント開催(愛知県)

このページのTOPへ