「尾張地域生物多様性親子セミナー」の参加者を募集

2013年7月31日 | 催し | 都道府県

愛知県尾張県民事務所では、尾張地域ならではの水辺、里山等の自然環境や人的資源を活用して、当地域の自然環境の現状を知り、将来に向かって保全の必要性などを理解できるよう、小学生とその保護者を対象として「尾張地域生物多様性親子セミナー」を開催。
「いきもの」に関心のある皆さんの参加をお待ちしている。

◆内容
(1)Aコース
「モリコロ・パークで見よう!感じよう!楽しもう!生物多様性」
ア 日時
平成25年9月7日(土) 集合:午前8時
解散:午後4時15分頃(予定)
イ 集合・解散場所
名鉄小牧駅東口、JR勝川駅南口、長久手市役所
名鉄小牧駅東口を起点として、貸切バスで集合場所を順次巡回し、実施場所に向かいます。
ウ 実施場所
愛・地球博記念公園
長久手市茨ケ廻間乙1533-1
エ 定員
40名(小学生と保護者20組)
オ 内容
もりの学舎で自然観察会を実施し、サツキとメイの家を見学した後、劇団シンデレラの生物多様性ミュージカルを鑑賞します。

(2)Bコース
「「明治から100年かけて育った自然」木曽川・長良川背割堤(せわりてい)で見つけよう生物多様性」
ア 日時
平成25年9月21日(土) 集合:午前8時
解散:午後4時頃(予定)
イ 集合・解散場所
JR名古屋駅西口
貸切バスで実施場所に向かいます。
ウ 実施場所
(ア) 木曽川・長良川背割堤(せわりてい)
愛西市立田町地内
(イ) 木曽三川公園長良川サービスセンター
岐阜県海津市海津町福江字角山1202-2
エ 定員
40名(小学生と保護者20組)
オ 内容
木曽川・長良川背割堤の生態系の紹介、自然観察会及び環境学習等を実施します。

参加申込方法、問い合わせ先、その他詳細は、下記のウェブサイトを参照のこと。

「尾張地域生物多様性親子セミナー」の参加者を募集(愛知県)

環境基本計画の点検にかかるシンポジウムの開催について(中部地方環境事務所)

2013年7月31日 | 催し | 官公庁

環境省に設置している中央環境審議会では、政府の環境保全に関する施策をまとめた、第4次環境基本計画の進捗状況の点検を行うこととされている。
このたび、この点検の一環として、地域の環境保全の状況を把握するため、中部地方では、持続可能な地域づくりのための地域資源の活用及び地域の課題を地域の資源で解決する仕組づくりをテーマとして、基調講演や事例発表及び、パネルディスカションを実施する。
また、本年度は、中部地方のほか、北海道地方、関東地方において、同様に環境シンポジウムが開催される。

日 時:平成25年8月28日(水) 13:30~16:00
場 所:名古屋市公会堂第7集会室(〒466-0064愛知県名古屋市昭和区鶴舞1-1-3)

参加方法、問い合わせ先、その他詳細は、下記のウェブサイトを参照のこと。

環境基本計画の点検にかかるシンポジウムの開催について(中部地方環境事務所)(環境省 中部地方環境事務所)

「平成25年版日本の水資源」の公表について

2013年7月31日 | 報告書 | 官公庁

この度、国土交通省水管理・国土保全局水資源部は、「平成25年版日本の水資源」をとりまとめたのでお知らせする。

一昨年の東日本大震災や、昨年、利根川水系で発生した秋渇水、今夏の渇水、水質事故等により、今後の安定的な水利用に影響を及ぼす可能性のある事象が発生してきていることから、これまでの成果を活かしつつ、水利用に関するこれらのリスクを把握、管理し、致命的な状況に至る前に早めの対応を行うため、今年の「日本の水資源」は、
○「安全・安心な水のために」をテーマに第1編を取りまとめ、我が国の水を取り巻く状況を踏まえつつ、
これまで積み重ねられてきた水資源開発の成果を将来に受け継ぐとともに、将来に亘る、安全・安心な水のための取り組むべき方向を紹介
○水問題に関する国際的な取組みの動向を紹介
○我が国の水資源に関する施策や様々なデータなどを第2編で紹介
している。

この、「日本の水資源」は、広く一般に水資源の実態についてより良く理解していただくために、国土交通省水管理・国土保全局水資源部が、我が国の水需給や水資源開発の現況、今後早急に対応すべき水資源に関わる課題について総合的にとりまとめたもので、昭和58年度以降、毎年、「水の日」(8月1日)に合わせて公表している年次報告書である。
なお、「平成25年版日本の水資源」は、政府刊行物専門書店等において販売されるとともに、水資源部のホームページに掲載される。

その他詳細は、下記のウェブサイトを参照のこと。

「平成25年版日本の水資源」の公表について(国土交通省)

天売島におけるウミガラスの繁殖結果について

2013年7月30日 | 報告書 | 官公庁

ウミガラスの繁殖が終了したのでお知らせする。
11羽のヒナを確認したが、最終的には昨年と同数の9羽の巣立ちとなった。なお、3年連続の巣立ち成功は10年ぶりとなる。

その他詳細は、下記のウェブサイトを参照のこと。

天売島におけるウミガラスの繁殖結果について(環境省 北海道地方環境事務所)

2013年版「水産業の動き」を作成

2013年7月30日 | 報告書 | 都道府県

愛知県の水産業の動向資料である「水産業の動き」の2013年版を愛知県が作成。

この資料は、昭和36年から毎年作成しているもので、本県の水産業の状況を把握するとともに、今後の施策へ活用するため、農林水産省の統計や県独自資料の分析などから最近の水産業の動きを主要な項目ごとに取りまとめている。

各項目の中で、特徴のある動きについては「主要な問題の解説」として、また、最近話題となっている事柄については「時の話題」として掲げている。

なお、この資料は、次のホームページアドレスで閲覧可能。

詳細は、下記のウェブサイトを参照のこと。

2013年版「水産業の動き」を作成(愛知県)

「低炭素杯2014」のホームページを開設

2013年7月29日 | WEB | その他

今年度で4回目の開催となる低炭素杯のホームページ「低炭素杯2014」を開設。
今後、随時ホームページ及びfacebook等で「低炭素杯2014」の情報を発信していく。
※「低炭素杯2014」は2014年2月(予定) に開催。

詳細は、下記のウェブサイトを参照のこと。

「低炭素杯2014」のホームページを開設(一般社団法人 地球温暖化防止全国ネット)

「アクティブ・レンジャー国立公園写真展(鳥取会場)」開催について

2013年7月26日 | 催し | 官公庁

中国四国地方には、日本海から瀬戸内海、そして太平洋にかけて、大山隠岐国立公園・瀬戸内海国立公園・足摺宇和海国立公園の3つの国立公園が指定されており、自然保護官(レンジャー)を補佐する7名のアクティブ・レンジャーが活動している。
それぞれの国立公園でアクティブ・レンジャーが出会ったすばらしい自然や、自然とふれあう人々や保全活動に取組む人々の姿などを紹介する「アクティブ・レンジャー国立公園写真展」を中国四国地方の7会場を巡回して開催。今回は鳥取会場での開催についてお知らせする。

1.名 称
アクティブ・レンジャー国立公園写真展
~アクティブ・レンジャーが伝える―中国四国地方の自然と活動~

2.主 催
環境省 中国四国地方環境事務所

3.開催期間
平成25年8月3日(土)~9月1日(日)

4.会 場
大山情報館(鳥取県西伯郡大山町大山40-33)

その他詳細は、下記のウェブサイトを参照のこと。

「アクティブ・レンジャー国立公園写真展(鳥取会場)」開催について(環境省 中国四国地方環境事務所)

平成24年度福島県における野生鳥獣の生息状況等に関する調査結果について

2013年7月26日 | 報告書 | 官公庁

平成24年度に福島県の旧警戒区域において実施した野生鳥獣の生息状況等に関する調査結果の概要を公表する。

1. 調査期間
平成24年11月~平成25年3月

2. 実施者
一般財団法人 自然環境研究センター

3. 調査概要
旧警戒区域及びその周辺部における野生鳥獣の生息状況等を把握するため、カメラトラップ、ラインセンサス等による現地調査を行うとともに、関係自治体及び鳥獣保護管理の専門家等からヒアリングを実施。

調査結果、その他詳細は、下記のウェブサイトを参照のこと。

平成24年度福島県における野生鳥獣の生息状況等に関する調査結果について(環境省)

「こどもホタレンジャー」参加団体の募集について

2013年7月26日 | 公募 | 官公庁

環境省では、平成16年度から、水環境保全の活動を推進するため、「こどもホタレンジャー」活動レポートを募集し、優秀なレポートに対して環境大臣表彰を行っている。
この度、平成25年度の「こどもホタレンジャー」参加団体の募集を開始することとしたのでお知らせする。

(1)対象
こどもたちが中心となって、ホタルに関連して取り組む水環境保全活動団体を幅広く対象とします。ただし、以下の条件を満たしているものとする。
参加者:小学生、中学生の団体・グループ及びNPO/NGOでこどもが中心の活動を行っている団体。
活動の対象:ホタルや底生生物等、水辺に生息する生きものの観察・保全活動(ただし、周辺の生きものや生息環境にも配慮した活動であること)。
活動の場:河川など水辺における活動を基本とし、その他学校などにおける水環境の保全に関連した活動も含める。

(2)応募部門
学校、団体の2部門に分けて、活動レポートを募集。
学校の部:小学校や中学校における、学校全体の活動、学年やクラスごとの活動、クラブ・委員会・課外活動など。
団体の部:こどもエコクラブ、地域のこども会・自治会、NPO団体等でこども中心の活動を実施した団体。

参加申込方法、問い合わせ先、その他詳細は、下記のウェブサイトを参照のこと。

「こどもホタレンジャー」参加団体の募集について(環境省)

「全国森林計画(案)」に対する意見・情報の募集(パブリックコメント)について

2013年7月25日 | 公募 | 官公庁

農林水産省は、平成26年4月1日を始期とする新たな全国森林計画を策定するに当たり、広く国民の皆様から意見・情報を募集するため、平成25年7月25日(木曜日)から平成25年8月23日(金曜日)までの間、パブリックコメントを実施する。
全国森林計画は、農林水産大臣が、森林・林業基本計画に即して、全国の森林につき、5年ごとに15年を一期として、伐採、造林、保安施設等の森林の整備及び保全に関する具体的事項を定めるものである。
平成26年4月1日を始期とする新たな全国森林計画を策定するに当たり、広く国民の皆様の御意見を踏まえたものとするため、意見・情報を募集するものである。

応募方法、問い合わせ先、その他詳細は、下記のウェブサイトを参照のこと。

「全国森林計画(案)」に対する意見・情報の募集(パブリックコメント)について(林野庁)

このページのTOPへ