環境省事業「三陸復興国立公園を活用した環境教育プログラム」の試行について

2012年11月30日 | 催し | その他

環境省では、平成24年5月7日に作成した「三陸復興国立公園の創設を核としたグリーン復興のビジョン」(以下、グリーン復興ビジョン)に基づき、三陸復興国立公園を活用して、自然環境の成り立ちや自然のメカニズム、森・里・川・海のつながり、地域の暮らしなどをテーマに「持続可能な開発のための教育」(以下、ESD)の推進に取り組んでいる。ついては、この度、浄土ヶ浜ビジターセンターなどを活用したESD に従った環境教育プログラム「宮古の魚とわたしたち」の試行を実施する。今回の試行は、ご応募頂いた宮古市内の小学生と保護者を対象に、宮古市の代表的な魚であるサケをテーマに、宮古市の自然や多様性、サケを通じた人とのつながり、自然資源の活用などを学ぶプログラムを実施することとしている。

実施概要
◆試行日時
平成24年12月1日(土)9:00~13:00(4時間程度)

◆対象
宮古市内小学生の親子(30名程度)を対象

◆実施場所
浄土ケ浜ビジターセンター、宮古漁業協同組合等

詳細は、下記のPDFを参照のこと。

環境省事業「三陸復興国立公園を活用した環境教育プログラム」の試行について(916KB)(財団法人日本環境協会)

企業を対象とした環境セミナーの開催について

2012年11月30日 | 催し | 官公庁

本年10月に本格施行となった環境教育等促進法を踏まえ、環境省は環境人材育成コンソーシアム(EcoLeaD)と連携して、企業の経営者層、環境や調達等の実務担当者などを対象に環境教育を実施している。今後以下のようなセミナー、交流会、研修を開催する。

1.エコプロダクツ2012セミナー(持続可能な環境経営をリードする「環境人材」)
環境問題などの社会的課題への対応は、企業にとってリスク対策にとどまらず、新しい価値創出につながり、企業価値を高めるチャンスでもある。一方で多くの企業は、法令やマネジメントシステムの遵守又は社会貢献活動にとどまっているのが現状ではないかと思われる。
本セミナーでは、経営と環境問題の解決を推進する上で必要な人材とはどのようなものか、また、必要となる環境教養とはどのようなものか、更に、環境経営や環境教育を推進する企業が抱える課題や対応策などについて、講演及びパネルディスカッションにて紹介するとともに、セミナー参加者も交えて意見交換を行うことで、今後求められる人材像の理解を深める。
■日程
2012年12月13日(木) 13:30~16:30(※受付開始:13:15~)

2.第2回環境人材育成研究交流大会(社会が求める人材育成と活用)
市民、教育機関、企業、NPO/NGO及び自治体といった様々なステークホルダーの皆さまにお集まりいただき、目指すべき環境人材育成のあり方やビジョンを共有するとともに、育成プログラム等の質向上に向けた意見交換やネットワーキング等を行うことで、環境人材育成の推進につなげる。様々な分野の取組み発表も併せて募集している。
■日程
2012年12月14日(金) 10:00~18:00

3.企業向け環境教養研修(於静岡県)
本研修では、環境経営を推進できる人材を育成する「グリーンマネジメントプログラム」を基礎とし、各分野の第一人者を講師に迎え、環境経営に関する基本的な知識を身に付ける講義と、実践力を養う演習(ディスカッション)を行います。単なる座学だけではなく、演習を通じて講師や受講生間で議論を交わすことにより、環境経営を進めることの難しさや重要性を実感するとともに企業価値向上のヒントを得ていただくことを特徴としている。
■日程
2013年1月17日(木)~2月5日(火)
(毎週木曜日(最終日は火曜日)、計4回) 17:00~19:30

4.経営者層向け環境教養研修
本研修は、各分野の第一人者を講師に迎え、環境経営に関する基本的な知識を身につける講義と、環境経営力を養うことを目的としたディスカッションや実践的な演習を行う。単なる座学だけではなく、演習を通じて講師や受講者間で議論を交わすことにより、環境経営を進めることの難しさや重要性を実感するとともに、企業価値向上のヒントを得ていただくことを特徴としている。
■日程
2013年2月22日(金)~23日(土) (※1泊2日)

申し込み方法、問い合わせ先、その他詳細は、下記のウェブサイトを参照のこと。

企業を対象とした環境セミナーの開催について(環境省)

容器包装リサイクル制度や再商品化委託申込を映像化

2012年11月30日 | WEB | 公益法人

公益財団法人日本容器包装リサイクル協会では、容器包装リサイクル制度や実際の再商品化委託申込手続きに関して、よりご理解を深めていただくことを目的に、特定事業者向けの動画として、基本編「容器包装リサイクル制度と事業者の役割」、実務編「再商品化委託申込手続きマニュアル」の2つを制作した。

基本編では、とある食品メーカーを舞台に、新人担当者と部長の掛け合いを通じて、容器包装リサイクル制度の内容や特定事業者の役割を学んでいく。

実務編では、基本編で登場した新人担当者が実際に再商品化委託申込を行う。申込書の記入方法、請求とお支払いの流れ、申込についてのQ&Aなど、実務担当者のマニュアルとして活用することができる。

動画は、下記のウェブサイトから閲覧が可能。

容器包装リサイクル制度や再商品化委託申込を映像化(公益財団法人日本容器包装リサイクル協会)

平成24年度「あいち環境絵本・紙芝居」の入選作品が決定!

2012年11月29日 | 報告書 | 都道府県

愛知県では、次世代を担う子どもたちに環境の大切さを伝えることを目的として、平成19年度から「環境」をテーマとした絵本作品「あいち環境絵本」を募集している。今年度は「紙芝居」部門も新たに加わり、全国(本県を含む10都府県)から応募いただい103作品の中から、11月2日(金)に開催された「あいち環境絵本・紙芝居大賞審査会」において、各部門の入選作品が決定。

詳細は、下記のウェブサイトを参照のこと。

平成24年度「あいち環境絵本・紙芝居」の入選作品が決定!(愛知県)

COP18開催のお知らせ

2012年11月28日 | 催し | 海外

2012年11月26日から12月7日まで、カタール・ドーハで、気候変動枠組条約第18回締約国会議(COP18)、京都議定書第8回締約国会議(CMP8)が開催される。

JCCCAでは今年もこの会議について、特設ページを開設し、現地からのレポートも掲載。

詳細は、下記のウェブサイトを参照のこと。

COP18開催のお知らせ(全国地球温暖化防止活動推進センター)

「カーボンフットプリントを活用したカーボン・オフセット製品」試行事業を開始

2012年11月27日 | 制度・計画 | 官公庁

経済産業省は、環境省、農林水産省、国土交通省と連携し、算定されたカーボンフットプリント(CFP)と同量のクレジットでオフセットすることで、製品のライフサイクルでの排出量がゼロであることを示す「カーボンフットプリントを活用したカーボン・オフセット製品」の試行事業を開始する。
併せて、本試行事業で製品に貼付するラベルを新たに決定したので、お知らせする。

試行事業への参加のほか、詳細は下記のウェブサイトを参照のこと。

「カーボンフットプリントを活用したカーボン・オフセット製品」試行事業を開始(経済産業省)

第8回北海道地域エネルギー・温暖化対策推進会議の開催について

2012年11月26日 | 催し | 官公庁

北海道地方環境事務所と北海道経済産業局では、12月6日(木)に第8回「北海道地域エネルギー・温暖化対策推進会議 」を下記のとおり開催する。
本会議は、北海道地域のエネルギー・地球温暖化対策に関する情報交換等を目的としている。

◆日時
平成24年12月6日(木) 15 : 00~17 : 30

◆場所
北海道経済産業局 第一会議室(札幌市北区北8西2丁目 札幌第1合同庁舎6階)

◆議題(予定) :
(1) 国からの情報提供について
・エネルギー政策の見直しの状況について
・2013年以降の地球温暖化対策について
(2) 北海道における取組について
・北海道内における今冬の節電対策について
・構成機関における節電対策の取組について
・省エネルギー、温暖化対策に関する話題提供

その他詳細は、下記のウェブサイトを参照のこと。

第8回北海道地域エネルギー・温暖化対策推進会議の開催について(環境省 北海道地方環境事務所)

「グリーンエネルギーフォトコンテスト2012」開催のご案内(平成24年11月24日~12月26日

2012年11月26日 | 催し | 官公庁

クリスマスシーズンの機会に、自社の事業活動や関連のイベントなどで使う電気や熱の一部に、太陽光、風力など自然由来のグリーンエネルギーを使っていただく「グリーンエネルギークリスマス」を平成20年度から実施している。
グリーンエネルギークリスマス参加施設を撮影した写真を対象に「グリーンエネルギーフォトコンテスト2012」を開催。 ご参加いただいた写真はホームページで紹介させていただくほか、優秀作品については協賛企業より表彰及び賞品を授与する。

◆募集期間
平成24年11月24日(土)~12月26日(水)

◆募集部門
・イルミネーション部門
グリーンエネルギークリスマス参加施設のイルミネーション写真を募集する部門
・スマイル部門
参加施設のイルミネーションを背景に、皆様の笑顔の写真を募集する部門

申し込み方法、問い合わせ先、その他詳細は、下記のウェブサイトを参照のこと。

「グリーンエネルギーフォトコンテスト2012」開催のご案内(平成24年11月24日~12月26日(経済産業省)

「気候変動枠組条約 第18回 締約国会議(COP18)」、「京都議定書 第8回 締約国会合(CMP8)」の開催について

2012年11月22日 | 催し | 海外

平成24 年11 月26 日(月曜日)から12 月7 日(金曜日)まで、ドーハ(カタール国)において、「気候変動枠組条約第18回 締約国会議(COP18)」、「京都議定書 第8 回 締約国会合(CMP8)」が開催される。

気候変動枠組条約締約国会議は、大気中の温室効果ガスの濃度を安定化させることを究極の目標として1992 年に採択された「国連気候変動枠組条約」(United Nations Framework Convention on Climate Change)に基づき、1995 年から毎年開催されている年次会議で、今回は第18 回の会議が開催される。また、京都議定書締約国会合は、1997 年に採択された先進国の削減目標等を定めた「京都議定書」(Kyoto Protocol)に基づき、2005 年から毎年開催されている年次会合で、今回は第8回の会合が開催される。

その他詳細は、下記のウェブサイトを参照のこと。

「気候変動枠組条約 第18回 締約国会議(COP18)」、「京都議定書 第8回 締約国会合(CMP8)」の開催について(農林水産省)

第12回『GPN500万人グリーン購入一斉行動』アンケートの実施

2012年11月22日 | 市民調査 | その他

第12回『GPN500万人グリーン購入一斉行動』キャンペーンを10月1日~10月31日に実施し、今回は206団体、参加者数 51,807人の方にご参加をいただいた。

本キャンペーンによる効果測定として、Webアンケートを実施している。
全部で12問、所要時間5分程度の内容で、みなさまにご協力をお願いしている。

【一斉行動キャンペーン・アンケート】
11月30日(金)まで実施。
http://www.smaster.jp/Sheet.aspx?SheetID=69994

アンケートの詳細等については、下記のウェブサイトを参照のこと。

第12回『GPN500万人グリーン購入一斉行動』アンケートの実施(グリーン購入ネットワーク(GPN))

このページのTOPへ