愛知県 オゾン層保護推進大会の開催

2012年8月31日 | 催し | 都道府県

愛知県では、オゾン層の保護及び地球温暖化の防止のため、オゾン層を破壊し、地球温暖化の原因物質であるフロン類の回収及び適正処理を推進している。
フロン類の適正処理について、ご理解、ご協力をいただき取組を推進するため、9月のオゾン層保護対策推進月間に、下記のとおり「オゾン層保護推進大会」を開催する。
参加を希望される方は、9月19日(水)までに参加申込書により連絡が必要。

■日時
平成24年9月27日(木)午後2時から午後4時まで

■内容
1.愛知県におけるフロン類の回収・適正処理の取組
2.大気中におけるオゾン層の働きと地球温暖化
講師 名古屋地方気象台 観測予報課
地球温暖化情報官 小林幸博 氏

申し込み方法、問い合わせ先、その他詳細は、下記のウェブサイトを参照のこと。

愛知県 オゾン層保護推進大会の開催(愛知県)

「鴨池海岸ビーチコーミング&海辺の生き物観会」について

2012年8月31日 | 催し | 官公庁

環境省では、自然に親しむための行事を通じ、自然に対する理解を深め、自然環境の適正利用の普及を推進するとともに、自然を大切にする心を育むことを目的として、全国の国立公園において自然とふれあう行事を実施している。
今回は、鴨池海岸にてビーチコーミングと海辺の生き物観察を行う。

■日時
平成24年9月29日(土) ※少雨決行、荒天時翌日順延。
11:00〜15:30 (受付 10:30〜)

■集合
鴨池海岸公園駐車場(愛媛県今治市大西町九王)

■場所
鴨池海岸(今治市)

■主催
環境省中国四国地方環境事務所高松事務所松山自然保護官事務所

■内容
鴨池海岸にてビーチコーミングと海辺の生き物観察を行う。ビーチコーミングでは海岸漂着物を拾い集め、海岸清掃と合わせて貝殻や木の実、漂着ゴミなど、どんな物が落ちていたか調べる。
午後からは、海岸植物や海辺の生き物観察を行う。

申し込み方法、問い合わせ先、その他詳細は、下記のウェブサイトを参照のこと。

「鴨池海岸ビーチコーミング&海辺の生き物観会」について(環境省 中国四国地方環境事務所)

「平成24年度 第2回 木材需給会議」の開催及び一般傍聴について

2012年8月31日 | 催し | 官公庁

林野庁は、平成24年9月26日(水曜日)に農林水産省 第3特別会議室において、「平成24年度 第2回 木材需給会議」を開催する。なお、本会議は公開で行われる。

■趣旨
当会議は、原則四半期毎に開催され、木材の需給に関係する林業・木材産業関係者等を委員として、木材需給の動向や見通し等について協議・検討する。また、最近の木材価格の動向等についても意見交換する。

■日時
平成24年9月26日(水曜日)13時30分〜16時00分

■会場
農林水産省 本館7階 第3特別会議室(ドア番号 本714)

■議題
(1)主要木材の需給見通し等について
(2)木材価格の動向等について

申し込み方法、問い合わせ先、その他詳細は、下記のウェブサイトを参照のこと。

「平成24年度 第2回 木材需給会議」の開催及び一般傍聴について(林野庁)

平成24年度 消費者におけるエコなお買い物促進策検討会(第1回)の開催と傍聴手続きについて

2012年8月31日 | 催し | 官公庁

環境と経済・社会の関わりが一層広く深いものになり、持続可能な社会の構築を目指すためには、より一層の市場のグリーン化が求められている。市場のグリーン化を図るための手段の一つとして、環境配慮型製品の普及を促進させる方法がある。一般事業者・消費者へ環境配慮型製品を普及させるための施策として、消費者と接点が多い小売業者を対象に、販売方法等を工夫し、環境配慮型製品を積極的に販売促進する小売業者を適切に評価する方法と、その評価方法により高く評価された小売業者に対する効果的なインセンティブ等のあり方に関する検討を開始する。
ついては、「消費者におけるエコなお買い物促進策検討会」の第1回会合を下記のとおり開催する。

■日時
平成24年9月14日(金) 10:00〜12:00

■開催場所
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-53-67 コスモス青山B2F
地球環境パートナーシップオフィス ミーティングスペース

■議題(予定):
[1] 消費者におけるエコなお買い物促進策の調査及び検討の進め方について
[2] 評価対象事業者について
[3] 調査対象範囲について
[4] 調査概要案
[5] 検討スケジュールについて
[6] その他

申し込み方法、問い合わせ先、その他詳細は、下記のウェブサイトを参照のこと。

平成24年度 消費者におけるエコなお買い物促進策検討会(第1回)の開催と傍聴手続きについて(環境省)

エコアクション21業種別ガイドライン(地方公共団体向け)の公表について

2012年8月31日 | 報告書 | 官公庁

平成23年6月に策定された「エコアクション21ガイドライン 2009年版(改訂版)」に基づき、エコアクション21業種別ガイドライン(地方公共団体向け)を新たに策定した。

詳細は、下記のウェブサイトを参照のこと。

エコアクション21業種別ガイドライン(地方公共団体向け)の公表について(環境省)

「スマートムーブ」および「朝チャレ!」におけるJリーグとの連携キャンペーンについて

2012年8月31日 | 催し | 官公庁

環境省では平成22年度から、CO2排出量を削減するライフスタイルとして、「スマートムーブ〜「移動」を「エコ」に。〜」と「朝チャレ!(朝型生活にチャレンジ)」を推進している。
これらの取組の一環として、公益社団法人日本プロサッカーリーグと連携し、Jリーグ試合会場やJリーグ公認ファンサイト「J’s GOAL」において、国内のサッカーファンに対する啓発と両取組への賛同者を募集する。

1.Jリーグ試合会場における啓発内容

■概要
スタジアム来場をはじめとした生活での「移動」を「エコ」にする呼びかけ、「スマートムーブ」を啓発。試合会場の大型ビジョンを使って、場内アナウンスをするとともに、特設ブースにおいて賛同者の登録を受付ける。
賛同者には先着300名にJリーグオリジナルグッズをプレゼント。また、Jクラブグッズが当たる抽選会も実施。

2.Jリーグ公認ファンサイト「J’s GOAL」における啓発内容

■概要
J1選手によるメッセージ動画(18クラブ18名を予定)、J2選手によるメッセージボード写真(22クラブ22選手を予定)を掲載し、閲覧者に直接訴求。また、特設サイトから、「スマートムーブ」「朝チャレ!」への賛同登録が可能になる。J’s GOALのメルマガやTwitter、Facebook JリーグページなどSNSを活用したプロモーションを展開することで、より広範囲のサッカーファンに向けて、両取組を啓発する。

その他詳細は、下記のウェブサイトを参照のこと。

「スマートムーブ」および「朝チャレ!」におけるJリーグとの連携キャンペーンについて(環境省)

中央環境審議会 自然環境・野生生物合同部会(平成24年度第2回)の開催について

2012年8月30日 | 催し | 官公庁

環境省では、平成24年9月13日(木)に、中央環境審議会自然環境・野生生物合同部会を下記のとおり開催する。 本合同部会では、本年1月に中央環境審議会に諮問し、同審議会自然環境・野生生物合同部会において検討が行われてきた生物多様性国家戦略の変更に係る答申が取りまとめられる予定。

■日時
平成24年9月13日(木)13:30〜15:15

■場所
ホテルフロラシオン青山 孔雀

■議事
(1)生物多様性国家戦略答申案について
(2)その他

■会議の傍聴について
会議は公開で行われる。

傍聴の申し込み方法、問い合わせ先、その他詳細は、下記のウェブサイトを参照のこと。

中央環境審議会 自然環境・野生生物合同部会(平成24年度第2回)の開催について(環境省)

オゾン層保護対策推進月間の取組について

2012年8月30日 | 催し | 官公庁

9月はオゾン層保護対策推進月間。

1987年9月に「オゾン層を破壊する物質に関するモントリオール議定書」が採択されたことにちなんで、毎年9月1日〜30日の1か月間を「オゾン層保護対策推進月間」として、国、地方公共団体等において、オゾン層保護・フロン等対策に関する啓発活動を集中的に行っている。
オゾン層は太陽光からの有害な紫外線を吸収して、地球上の生命を守っているが、フロン類はこのオゾン層を破壊し、地球温暖化を促進してしまう化学物質である。フロン類を大気中に放出しないための対策は、オゾン層保護のみならず地球温暖化防止のためにも大変重要。特に本年は、モントリオール議定書の採択から25周年の節目に当たり、今後もオゾン層保護及び地球温暖化対策への協力と理解の浸透、取組の促進に一層努めていく。

詳細は、下記のウェブサイトを参照のこと。

オゾン層保護対策推進月間の取組について(環境省)

「地域における環境産業の集積に向けて(中間報告)」の公表について

2012年8月30日 | 報告書 | 官公庁

環境省では、本年7月より「地域における環境産業の集積促進に関する研究会」を開催し、地域で独自の技術やノウハウを持つ企業の潜在力を引き出し、地域内外のネットワークを活用しながら環境ビジネスの担い手として成長させ、地域発のグリーン・イノベーションを促進するためには何が必要かについて検討を重ねてきた。
このたび、その中間報告を公表する。

詳細は、下記のウェブサイトを参照のこと。

「地域における環境産業の集積に向けて(中間報告)」の公表について(環境省)

「中小企業 省エネコーチング」参加企業を募集

2012年8月29日 | 催し | 都道府県

愛知県では、省エネルギーに対応した競争力のある中小企業を育成すべく、社内で省エネ対策を推進できる人材のコーチング事業を実施することとし、参加企業を下記のとおり募集。
本事業では、省エネルギーと効率性の改善やコストダウンの両立を目指し、座学のほか、現場において、指導員と一緒になりながら学ぶ体験型研修を実施。
具体的なコースとしては、省エネ診断、エネルギー管理・改善手法等を学ぶ「エネルギー管理コース」と、生産プロセスのマテリアルフローに着目して管理・改善手法を学ぶ「マテリアルフロー管理コース」がある。

◇募集企業
愛知県内に事業所を持つ中小企業 各コース 10社
(一社当たり3名程度の参加が望まれる。)

◇参加費
無料

◇申込期限
平成24年8月24日(金) ※ 若干の余裕があるので、募集を継続。

申し込み方法、問い合わせ先、その他詳細は、下記のウェブサイトを参照のこと。

「中小企業 省エネコーチング」参加企業を募集(愛知県)

このページのTOPへ