平成29年度大気汚染状況をとりまとめ公表

2019年3月19日 | 報告書 | 官公庁

環境省は、平成29年度における大気環境モニタリングの常時監視測定結果を取りまとめ公表した。
大気汚染物質(有害大気汚染物質等を除く)に係る常時監視測定結果では、微小粒子状物質(PM2.5)の環境基準達成率が、関東地方、関西地方の主に都市部で環境基準を達成していない地域が見られる他、中国・四国地方の瀬戸内海に面する地域、九州地方では依然として環境基準達成率の低い地域があった。
有害大気汚染物質等に係る常時監視測定結果では、環境基準については設定されている4物質について全ての地点で達成していた。

平成29年度大気汚染状況をとりまとめ公表(環境省)

このページのTOPへ