福島県会津坂下町など放射性物質汚染対処特措法に基づく汚染状況重点調査地域の指定を解除

2019年3月22日 | その他 | 官公庁

環境省は、放射性物質汚染対処特別措置法に基づき汚染状況重点調査地域として指定されている福島県会津坂下町、湯川村及び会津美里町の3町村について3月25日付けで指定を解除する予定であると発表した。
これにより汚染状況重点調査地域として指定されている市町村は、89市町村になる。
汚染状況重点調査地域として指定されている福島県会津坂下町、湯川村及び会津美里町については、町村全域の平均的な空間線量率が毎時0.23マイクロシーベルト未満となっており、指定の要件となった事実の変更が生じていることから、汚染状況重点調査地域の指定の解除となった。

福島県会津坂下町など放射性物質汚染対処特措法に基づく汚染状況重点調査地域の指定を解除(環境省)

このページのTOPへ