野鳥の高病原性鳥インフルエンザウイルス保有状況調査の結果公表(平成30年12月分)

2019年1月31日 | 報告書 | 官公庁

環境省は、野鳥における高病原性鳥インフルエンザのサーベイランス(調査)について、平成30年12月分の定期糞便採取調査及び検査を行ったところ、ガンカモ類の糞から高病原性鳥インフルエンザウイルスは確認されなかったと発表した。
糞の採取地等は、14都道県14市区町で、計1,311個を採取した。

この定期糞便採取調査は、野鳥が海外から日本に高病原性鳥インフルエンザウイルスを持ち込んだ場合に早期発見することを目的に、毎年10月~翌年4月まで環境省が行っている定期的な調査。

野鳥の高病原性鳥インフルエンザウイルス保有状況調査の結果公表(平成30年12月分)(環境省)

このページのTOPへ