環境省、ニホンライチョウを公開展示

2019年2月1日 | 催し | 官公庁

環境省及び公益社団法人日本動物園水族館協会は、飼育下繁殖等により生息域外での保全に取り組んでいる国内希少野生動植物種ニホンライチョウの公開展示を進めることになったと発表した。
平成31年3月15日(金)以降、飼育技術の向上や普及啓発の促進等を目的として、各飼育園館において実施される。

展示施設を活用することで、より広い飼育環境の確保が可能になり、また、広い飼育環境はニホンライチョウのストレスを緩和し、より自然な行動を誘発する効果が期待される。
今後、行動観察による科学的知見の集積を進めることで、安定した飼育方法の構築及び今後の野生復帰技術の検討を進めることとしている。
さらに、公開展示により、ニホンライチョウをはじめとする絶滅危惧種の保全の取組や、ニホンライチョウを育む山岳環境の重要性や保全について普及啓発を推進し、広く理解を深める機会となることが期待される。

ニホンライチョウを公開する飼育園館は以下の通り。
・富山市ファミリーパーク
・恩賜上野動物園
・大町山岳博物館
・那須どうぶつ王国
・いしかわ動物園

環境省、ニホンライチョウを公開展示(環境省)

このページのTOPへ