「絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律施行令の一部を改正する政令(案)」に対する意見募集

2018年12月27日 | 公募 | 官公庁

環境省では、「絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律」に基づいて、絶滅のおそれのある野生動植物種を「国内希少野生動植物種」に指定し、個体の捕獲、譲渡し等を原則禁止するとともに、必要に応じ生息地等保護区の指定や保護増殖事業を実施することにより、種の保存を図っている。
このたび、「絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律施行令の一部を改正する政令(案)」について意見募集(パブリックコメント)を実施する。

意見募集対象:「絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律施行令の一部を改正する政令(案)」
募集期間:平成30年12月27日(木)~平成31年1月8日(火)まで

「絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律施行令の一部を改正する政令(案)」に対する意見募集(環境省)

このページのTOPへ