パナソニックエコテクノロジーセンター、100%再生可能エネルギー由来電力による事業運営を実現

2018年11月19日 | 施設 | 企業

パナソニックグループの家電リサイクル工場であるパナソニックエコテクノロジーセンター株式会社(以下、PETEC)は、省エネルギーの取り組みに加え、創エネルギーの取り組みや再生可能エネルギー由来電力の調達により、100%再生可能エネルギー由来電力による事業運営を実現した。さらに今後、化石燃料の代替等により、CO2ゼロ工場を目指す。

1. 省エネルギー
工場内の照明を2018年9月にすべてLEDに切り替え、工場からのCO2排出量の約2%を削減。

2. 創エネルギー
現在、50kWの太陽光パネルHITを設置しており、工場からのCO2排出量の約1%を削減。

3. 再生可能エネルギー由来電力の調達
上記1および2の取り組み後の購入電力に対し、2018年4月から関西電力株式会社のCO2を排出しない水力発電を活用した「水力ECO(エコ)プラン」の活用を開始(購入電力の約88%)。
それに加え、2018年4月より非化石証書を購入(同、約12%)し、実質的に100%再生可能エネルギー由来電力の活用を実現した。

PETECでは、2019年2月に244kW、12月に330kWの太陽光パネルHITを設置する。これらにより、トータルの設置容量は624kWとなり、CO2排出量の削減は現在の約1%から、約15%になる。

パナソニックエコテクノロジーセンター、100%再生可能エネルギー由来電力による事業運営を実現(パナソニック株式会社)

このページのTOPへ