平成30年度廃棄物エネルギーの地域での利活用促進に関する説明会、1月2月に東京・大阪・福岡で開催

2018年11月20日 | 催し | 官公庁

環境省は、廃棄物エネルギーの利活用に向けた計画策定のあり方や、廃棄物エネルギーの利活用に係る各地域の先進的な取組事例などを紹介する説明会を、3か所の会場で開催する。対象は、市町村の担当者(廃棄物処理、温暖化対策、エネルギー、まちづくり政策など)や民間事業者等。

東京会場
日時:平成31年1月8日 (火)13:10~17:00
場所:連合会館 2階大会議室 203+204(東京都千代田区)
定員:180名

大阪会場
日時:平成31年1月18日(金)13:10~17:00
場所:新大阪丸ビル別館 2階2-3会議室(大阪市東淀川区)
定員:130名

福岡会場
日時:平成31年2月6日 (水)13:30~16:30
場所:福岡県中小企業振興センター 2階大ホール(福岡県福岡市)
定員:90名

参加費無料、事前申込制。参加希望者多数の場合は、自治体関係者を優先。
当日のプログラム、申込方法等詳細はプレスリリース参照。

平成30年度廃棄物エネルギーの地域での利活用促進に関する説明会、1月2月に東京・大阪・福岡で開催(環境省)

このページのTOPへ