ラムサール条約湿地の国内新規登録候補地を発表

2018年10月2日 | その他 | 官公庁

環境省は、平成30年10月21日~29日にドバイ(アラブ首長国連邦)で開催されるラムサール条約第13回締約国会議にあわせて、国内から新規に登録する湿地の候補地及び登録区域を拡張する湿地の候補地について発表した。

[1]新規登録候補地
・志津川湾(宮城県) 5,793ha
・葛西海浜公園(東京都) 367ha

[2]登録区域拡張候補地
・円山川下流域・周辺水田(兵庫県) 1,094ha(534 ha増)


今後、10月末までにこれら湿地の登録等がなされる見込み。また、この登録等により、国内のラムサール条約湿地は、52カ所(2カ所増)、154,696ha(6,694ha増)となる。

ラムサール条約湿地の国内新規登録候補地を発表(環境省)

このページのTOPへ