平成30年度熱を活用した次世代型蓄エネルギー技術実用化推進事業の公募採択案件を発表

2018年10月2日 | 公募 | 官公庁

環境省は、平成30年度熱を活用した次世代型蓄エネルギー技術実用化推進事業の公募の審査の結果、2件を採択することとした。

この事業は、系統に接続しない自立・分散型の再生可能エネルギーの地産地消の促進のため、再生可能エネルギーを熱の形で需要家側において蓄え、再び電気の形で利用可能な新たな自立・分散型の蓄エネルギー技術の確立を目的としている。

採択案件は以下の通り。

一般財団法人エネルギー総合工学研究所
熱を活用した次世代型蓄エネルギー技術の開発・実証

株式会社KELK
熱電発電モジュールを軸とした蓄熱エネルギー利用システムの開発・実証

平成30年度熱を活用した次世代型蓄エネルギー技術実用化推進事業の公募採択案件を発表(環境省)

このページのTOPへ