「気候変動の影響への適応計画の平成29年度施策フォローアップ報告書」を取りまとめ公表

2018年9月10日 | 報告書 | 官公庁

環境省は、「気候変動の影響への適応計画の平成29年度施策フォローアップ報告書」を取りまとめ公表した。
気候変動の影響に対処し、被害を回避・軽減するため、関係府省庁において、総合的かつ計画的に適応の取組を進めており、今回、平成29年度に実施した施策のフォローアップを報告書として取りまとめた。

適応計画の7分野(農林水産業、水環境・水資源、自然生態系、自然災害・沿岸域、健康、産業・経済活動、国民生活・都市生活)と基盤的取組について、全施策を56施策群に分類し、各府省庁においてそれぞれの施策群の個票を作成することで、平成29年度に実施した全施策の進捗状況を把握した。その一環として、各府省庁により56の施策群すべてで施策の進捗状況を把握するための指標が設定され、取組・事業の数で見ても、全291の取組・事業のうち、274の取組・事業で指標が設定された。

今後は、これまでのフォローアップを通じて設定したアウトプット指標の内容を分析するとともに、適応策のアウトカム指標や評価方法に関する調査研究等により、分野ごとに適応策の進捗状況の把握・評価手法を開発するなど、適切な把握・評価手法について検討を深めていく。

報告書は以下のホームページに掲載している。
気候変動の影響への適応
http://www.env.go.jp/earth/tekiou.html

「気候変動の影響への適応計画の平成29年度施策フォローアップ報告書」を取りまとめ公表(環境省)

このページのTOPへ