平成30年度環境技術実証事業ヒートアイランド対策技術分野(建築物外皮による空調負荷低減等技術)における実証対象技術の再募集を実施

2018年9月4日 | 公募 | 官公庁

環境省は、平成30年度の環境技術実証事業のうち、ヒートアイランド対策技術分野(建築物外皮による空調負荷低減等技術)において、実証対象技術を再募集する。
環境技術実証事業とは、既に実用化された先進的環境技術の環境保全効果、副次的な環境影響、その他環境の観点から重要な性能を第三者が客観的に実証することにより、環境技術実証の手法・体制の確立を図るとともに、環境技術の利用者による技術の購入、導入等に当たり、環境保全効果等を容易に比較・検討し、適正な選択を可能にすることにより、環境技術の普及を促進し、環境保全と環境産業の発展に資することを目的とするもの。
この事業のうち、建築物(事務所、店舗、住宅など)に後付けで設置・施工することができる外皮技術であって、室内冷房負荷を低減させることによって人工排熱を減少させる等、ヒートアイランド対策効果が得られるものなどを募集する。

応募受付期間:平成30年9月4日(火)から 9月25日(火)

応募受付方法等詳細はプレスリリース参照。

平成30年度環境技術実証事業ヒートアイランド対策技術分野(建築物外皮による空調負荷低減等技術)における実証対象技術の再募集を実施(環境省)

このページのTOPへ