瀬戸内海国立公園(六甲地域)の公園区域及び公園計画を変更

2018年8月9日 | 制度・計画 | 官公庁

環境省は、瀬戸内海国立公園(六甲地域)の公園区域及び公園計画の変更を行うと発表した。
瀬戸内海国立公園六甲地域は古くから関西における避暑地、保養地として親しまれてきたが、近年は企業の保養所や別荘が利用されず遊休化し、老朽化した施設が風致を害するなどの課題が生じており、地元自治体や民間事業者が六甲山の活性化に向けた取り組みを進めている。
大都市の近郊にありながら豊かな自然が保全されているという最大の特徴を活かし、質の高いサービスの提供が行われるよう、適正な利用の推進が急務となっている。

今回、本地域を取り巻くこれらの情勢変化を踏まえ、六甲山らしい公園利用を推進するため、六甲山及び摩耶山に集団施設地区を追加するほか、利用施設の整理や地種区分の変更など、必要な見直しを行うもの。

瀬戸内海国立公園(六甲地域)の公園区域及び公園計画を変更(環境省)

このページのTOPへ