東芝エネルギーシステムズ、敦賀市で再エネ水素インフラ設備の構築に向けて協定を締結

2018年8月6日 | その他 | 企業

東芝エネルギーシステムズ株式会社は、福井県敦賀市と水素サプライチェーン構築に関する基本協定の締結を行った。
今年度より2021年度まで、敦賀市内で実用化にむけた水素サプライチェーン構築の検討を行う。

今回設置される東芝エネルギーシステムズ製の「H2Oneマルチステーション」は、ワンコンテナタイプの「H2One」と地産地消型の再エネ水素ステーション「H2Oneステーションユニット」を組み合わせた水素エネルギー供給システムで構成されている。
「H2One」は、再生可能エネルギーにより建物に電気や熱を、電気自動車に電力を供給でき、「H2Oneステーションユニット」は、毎日燃料電池車8台分の水素を製造し、最速3分で満充填ができる。
今回設置する「H2Oneマルチステーション」は、近接する太陽光発電システムから電気の供給を受ける予定。

また、「H2Oneマルチステーション」は高圧ガス保安法上の「第二種製造者」の製造所で保安係員の常駐が不要であり、災害等の非常時に停電しても避難所において300人に3日分の電力と熱を供給することが可能。

東芝エネルギーシステムズ、敦賀市で再エネ水素インフラ設備の構築に向けて協定を締結(東芝エネルギーシステムズ株式会社)

このページのTOPへ