平成30年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(公共施設等先進的CO2排出削減対策モデル事業)の一次公募の採択結果を発表

2018年8月6日 | 公募 | 官公庁

環境省は、平成30年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(公共施設等先進的CO2排出削減対策モデル事業)の一次公募の採択結果を発表した。
この補助金事業は、公共施設等で再生可能エネルギーを活用した自立・分散型エネルギーシステムを構築し、併せて省エネ改修等を行うことで、地区を超えた地域全体でCO2の排出削減を実現する先進的モデルに対して、補助金を交付するもの。

今回審査の結果、東京都武蔵野市が実施する事業が採択された。当事業は、自立・分散型エネルギーシステムを複数構築し、クリーンセンターのごみ発電設備とガス・コージェネレーション設備を利用した再エネ由来の電力融通を行うとともに、地域エネルギーマネジメントシステムにより電力の需給予測を行って、効率的で自立性・防災性の高い低炭素社会モデルを構築するもの。

詳細はプレスリリース参照。

平成30年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(公共施設等先進的CO2排出削減対策モデル事業)の一次公募の採択結果を発表(環境省)

このページのTOPへ