静岡県浜松市におけるアカカミアリの確認について

2018年7月5日 | その他 | 官公庁

環境省は、平成30年7月4日(水)に、静岡県浜松市内の事業者倉庫に搬入された貨物において事業者により発見されたアリ約100個体について、専門家による種の同定の結果、7月5日(木)に特定外来生物であるアカカミアリ(Solenopsis geminata)と確認されたと発表した。

このアカカミアリは、フィリピンのサウスマニラ港を出港し、清水港で陸揚げされ陸路にて浜松市の事業者倉庫に運ばれたコンテナ内部で発見されたもの。すべて働きアリ。

発見された個体については、既に殺虫処分を実施しており、発見地点周辺には、殺虫餌(ベイト剤)及び粘着トラップを設置している。
発見地点周辺等において、調査を実施したところ、疑わしいアリは確認されなかった。

静岡県浜松市におけるアカカミアリの確認について(環境省)

このページのTOPへ