環境省、一般廃棄物の排出及び処理状況等(平成28年度)を公表

2018年3月27日 | 報告書 | 官公庁

環境省は、平成28年度における全国の一般廃棄物(ごみ及びし尿)の排出及び処理状況等の調査結果を取りまとめた。

ごみ総排出量は4,317万トン(東京ドーム約116杯分)、1人1日当たりのごみ排出量は925グラムとなった。
ごみ総排出量、1人1日当たりのごみ排出量ともに減少している。
最終処分量は前年比4.6%減少。リサイクル率は横ばいとなっている。ごみ焼却施設数は1,141施設から1,120施設と減少している。

発電設備を有するごみ焼却施設数は全体の32.0%であり、昨年度の30.5%から増加、総発電電力量も増加(8,762 GWh、約295万世帯分の年間電力使用量に相当)している。

環境省、一般廃棄物の排出及び処理状況等(平成28年度)を公表(環境省)

このページのTOPへ