奄美大島等における油状の物の漂着による沿岸生態系への影響把握調査の結果を公表

2018年3月8日 | その他 | 官公庁

環境省は、奄美大島等の海岸に油状の物が相次いで漂着したことを受け、平成30年2月27日~3月5日にかけて、水中での映像撮影等によって、サンゴ等への油状の物の付着状況など、沿岸生態系への影響把握調査を実施した。

調査地点は、環境省が継続的にサンゴ礁モニタリング調査を行っているポイントのうち、油状の物の漂着が比較的多い奄美大島西海岸を中心に6箇所を選定した。

調査の結果、砂浜では少量の油状の物を確認したが、海中のサンゴ等への油状の物の付着は確認されなかった。

詳細はプレスリリース参照。

奄美大島等における油状の物の漂着による沿岸生態系への影響把握調査の結果を公表(環境省)

このページのTOPへ