奄美大島における油状物質の漂着に係る大気モニタリング結果を公表

2018年3月8日 | その他 | 官公庁

環境省では、奄美大島等に油状の物が相次いで漂着したことを受け、奄美大島の4地域において大気モニタリング調査を実施し、その結果を取りまとめた。

調査地点は、朝仁(あさに)地域、今里地域、阿木名地域及び奄美市街地。
本調査は平成30年2月15日(木)~16日(金)に実施した。

測定の結果、油状の物の漂着が確認された地域において、漂着した油状の物による大気への影響は確認されなかった。

詳細はプレスリリース参照。

奄美大島における油状物質の漂着に係る大気モニタリング結果を公表(環境省)

このページのTOPへ