パナソニック、持続可能な水産物を社員食堂に導入、日本初の継続提供

2018年3月2日 | その他 | 企業

パナソニックは、MSC及びASC認証を取得した持続可能な水産物(サステナブル・シーフード)を本社などの社員食堂に継続的に提供する。
MSC認証:持続可能で適切に管理された漁業を認証するもの
ASC認証:環境と社会への負荷を最小限にする責任ある養殖業を認証するもの

社員に対するサステナブル・シーフードの理解促進からスタートし、消費行動の変革を促すことにより、周囲への影響拡大を目指す。

同社では、今後順次頻度・導入拠点を増やし、2020年に国内の全ての社員食堂での導入を目指す。

パナソニック、持続可能な水産物を社員食堂に導入、日本初の継続提供(パナソニック株式会社)

このページのTOPへ