大気環境配慮型SS認定制度を創設

2018年3月2日 | 制度・計画 | 官公庁

環境省及び資源エネルギー庁は、「大気環境配慮型SS認定制度」を創設した。
(SS:サービスステーション 給油所)
ガソリンを自動車に給油する際に発生する燃料蒸発ガスは、大気汚染物質である光化学オキシダント及びPM2.5の原因物質であることから、環境省・資源エネルギー庁大気環境配慮型SS普及促進事務局が、当該ガスを回収する装置を有する給油機を設置した給油所を「大気環境配慮型SS」として認定し、広く公表すること等により、その普及を促進し、大気環境の保全を図ることを目的としている。
認定制度の名称は「大気環境配慮型SS」、愛称はe→AS(イーアス)。
e→ASは、いい明日、いいearthと意味を込めている。

大気環境配慮型SSとして認定された給油所は、環境対策に取り組んでいる給油所として認知され、また自動車ユーザーは、給油にあたって大気環境に配慮したSSを選択することが可能となる。

平成30年夏ころには、認定申請の受付を開始する予定。

大気環境配慮型SS認定制度を創設(環境省)

このページのTOPへ