第21回環境コミュニケーション大賞の受賞作決定

2018年2月9日 | 催し | 官公庁

優れた環境コミュニケーションを表彰する「第21回環境コミュニケーション大賞」(環境省と一般財団法人地球・人間環境フォーラムの共催)では、今年も受賞作を決定した。受賞企業には受賞のPRに活用可能なロゴマークが提供される。
「環境コミュニケーション大賞」は、優れた環境報告書等や環境活動レポートを表彰することにより、事業者等の環境経営及び環境コミュニケーションへの取組を促進するとともに、環境情報開示の質の向上を図ることを目的とする表彰制度。
今回は、環境報告書部門209点、環境活動レポート部門130点の合わせて339点の応募作があった。
審査の結果、環境報告書部門では、大賞3点、優秀賞11点など、環境活動レポート部門では、大賞1点、優秀賞5点などが決定した。
結果詳細は以下の資料を参照。
環境コミュニケーション大賞受賞一覧
http://www.env.go.jp/press/files/jp/108276.pdf


なお、表彰式イベントが以下のとおり開催される。
日時:平成30年2月21日(水) 13:30~16:30
場所:品川プリンスホテルメインタワー28階「エメラルド28」 (東京都港区)

受賞作品の評価ポイントや企業に求められる情報開示の在り方の講評を行うなど、企業において今後の環境コミュニケーションを推進する上での手がかりを提供する予定。

第21回環境コミュニケーション大賞の受賞作決定(環境省)

このページのTOPへ