トヨタ自動車、電動車の2017年販売台数が過去最高152万台、目標を前倒しで達成

2018年2月2日 | その他 | 企業

トヨタ自動車株式会社は、2017年の電動車販売台数が過去最高となる152万台(前年比108%)を達成したことを発表した。
これは、2015年に同社が発表した「トヨタ環境チャレンジ2050」で「2020年までに年間販売台数150万台」とした目標をを、3年前倒しして達成した。
さらに、1997年の「プリウス」発売からの電動車の累計販売台数は1,147万台となり、CO2排出抑制効果は9,000万トン以上になると試算している。

今後も様々な電動車の開発を継続し、特にEVについては、2020年以降、中国を皮切りに導入を加速し、日本・インド・米国・欧州に順次導入していく。
さらに、CO2排出抑制のために新興国地域でのHV導入拡大を進めていく。

トヨタ自動車、電動車の2017年販売台数が過去最高152万台、目標を前倒しで達成(トヨタ自動車株式会社)

このページのTOPへ