ヤマト、グループ企業が沖縄県初の電気バスの運用を来春より開始

2017年12月1日 | その他 | 企業

ヤマトホールディングス株式会社傘下で車両管理サービスを提供するヤマトオートワークス沖縄株式会社は、クルーズ客船の船舶代理店業務をおこなう有限会社沖縄シップスエージェンシー、エネルギー、自動車、IT製品などを手掛ける中国大手BYDグループの日本法人ビーワイディージャパン株式会社と、沖縄県初の電気バスの運用を来週より開始する。

沖縄シップスがビーワイディージャパンの電気バス10台を導入し、船で寄港する観光客の移動をサポート、ヤマトオートワークス沖縄は電気バスの点検・整備を担当する。

電気バスの導入により、沖縄県を訪れる観光客にクリーンな環境を整え、観光満足度の向上に貢献し、観光支援を行う。
また排気ガス削減により、沖縄特有の魅力ある自然の保全にも貢献していく。

ヤマト、グループ企業が沖縄県初の電気バスの運用を来春より開始(ヤマトホールディングス株式会社)

このページのTOPへ