三菱電機、「駅舎補助電源装置」小型高機能タイプ400V出力機を製品化

2017年11月27日 | その他 | 企業

三菱電機株式会社は、鉄道車両がブレーキをかけた時に発生する回生エネルギーの余剰電力を駅舎内の照明や空調・エレベーター等へ供給する「駅舎補助電源装置」小型高機能タイプの400V出力機を製品化した。
これにより、負荷容量の大きい400V配電の駅にも導入が容易となり、より多くの駅の省エネ化が可能となる。
本製品は東京地下鉄株式会社(東京メトロ)に導入予定。

鉄道駅舎の配電電圧は、200V配電に加え、負荷容量の大きいエレベーター・エスカレーターの動力用などには電圧降下抑制、配電線損失低減のため400V配電が使用されている。従来の200V出力機を400V配電に接続する場合には外部に昇圧変圧器を設ける必要があった。
今回、昇圧変圧器が不要な400V出力機の製品化によって、負荷容量の大きい駅にも導入が容易となり、200V出力機や蓄電タイプとあわせ、より多くの駅への普及が見込まれる。

三菱電機、「駅舎補助電源装置」小型高機能タイプ400V出力機を製品化(三菱電機株式会社)

このページのTOPへ