三菱地所レジデンス、東京ガス供給エリアでの戸建てでエネファームを標準採用

2017年11月29日 | その他 | 企業

三菱地所レジデンス株式会社は、東京ガス株式会社の導管エリア外を除くガス供給区域において販売する戸建住宅シリーズ「ザ・パークハウス ステージ」全戸に、家庭用燃料電池「エネファーム」を標準採用する。

「エネファーム」は、省エネ・省CO2といった地球環境への配慮に加え、電力ピークカットへの貢献が可能な分散型エネルギーシステム。停電発生時には「エネファーム」が発電している場合、「エネファーム」から継続して電気を供給する。

また、東京都(東京ガス供給区域)の物件には、停電時発電継続機能を内蔵した「エネファーム(レジリエンスモデル)」を原則標準採用する。
「エネファーム(レジリエンスモデル)」の採用により、停電時の発電継続期間が最長約8日間となり、さらに停電時に「エネファーム」が停止していても、市販の蓄電池や発電機等のAC100V電源を用いての起動が可能となる。

三菱地所レジデンス、東京ガス供給エリアでの戸建てでエネファームを標準採用(三菱地所レジデンス株式会社)

このページのTOPへ