一般公開シンポジウム「地球温暖化と大気汚染による影響の軽減に向けた新たな取り組み」を1月に開催

2017年11月28日 | 催し | 官公庁

環境省は、環境研究総合推進費S-12プロジェクト(SLCPの環境影響評価と削減パスの探索による気候変動対策の推進の研究)の研究活動の一環として、一般公開シンポジウム『地球温暖化と大気汚染による影響の軽減に向けた新たな取り組みー短寿命気候汚染物質(SLCP)の影響評価とその削減対策ー』を開催する。
SLCP(短寿命気候汚染物質)は、PM2.5の一部である煤(黒色炭素)、光化学オキシダントの主成分である対流圏オゾン、その対流圏オゾンの生成に寄与するメタンなどの、気候に与える影響が大きなものが含まれる。
シンポジウムでは、短寿命気候汚染物質の影響評価と削減対策に関して、専門家による情報提供を行う。

日時:平成30年1月23日(火) 13:30から16:30
場所:京都大学百周年時計台記念館 国際交流ホール
参加費:無料
参加予定数:200名

平成30年1月9日(火)までに電子メールにて事前申込が必要。
申込方法詳細や当日のプログラムはプレスリリース参照。

第4回となる今回は西日本で初めての開催。これまでの研究成果をもとに、より具体的なSLCP排出シナリオの検討結果を始め、過去から将来にかけての排出推定やSLCP削減による地域・地球規模での環境・気候影響評価についての最新の成果を公表し、今後の展望を議論する。

一般公開シンポジウム「地球温暖化と大気汚染による影響の軽減に向けた新たな取り組み」を1月に開催(環境省)

このページのTOPへ