広島県呉市におけるヒアリの確認について

2017年11月9日 | その他 | 官公庁

環境省は、11月3日(金)に広島県呉市の事業者敷地内に搬入された貨物において発見されたアリ(65個体)について、専門家による種の同定の結果、11月9日(木)に特定外来生物であるヒアリ(Solenopsis invicta)と確認されたと発表した。

当該ヒアリは、中国・中山(ちゅうざん)港を出港し、香港港で積み替えられた後、広島港で陸揚げされ、陸路にて呉市の事業者敷地内に運ばれた貨物より発見されたもの。
なお別のコンテナからも8個体の死骸が発見されており、現在確認中。

6月の国内初確認以降、これまでのヒアリの確認事例は11月9日現在で12都府県、計24事例。

広島県呉市におけるヒアリの確認について(環境省)

このページのTOPへ