名古屋港におけるヒアリの確認について(平成29年11月6日の続報)

2017年11月7日 | その他 | 官公庁

環境省は、11月6日報道発表済の浜松市内で発見されたヒアリに関連して、当該貨物を運送したコンテナを名古屋港にて内部確認したところ、さらに7個体のアリの死亡個体が発見され、同定の結果ヒアリ(働きアリ)と確認されたと発表した。

発見地点周辺には継続してベイト剤(殺虫餌)及び粘着トラップを設置している。

6月の国内初確認以降、これまでのヒアリの確認事例は11月7日現在で12都府県、合計23事例で、本件は23例目の事例の続報。

名古屋港におけるヒアリの確認について(平成29年11月6日の続報)(環境省)

このページのTOPへ