米国における化学物質管理政策最新動向セミナーを11月に国内で開催

2017年10月10日 | 催し | 官公庁

環境省では、海外の化学物質規制制度の動向への国内対応を円滑に実施していくために、化学産業や化学物質のユーザー企業、環境省はじめ関係省庁が、業界や省庁の垣根を越えて協力することを目的とする化学物質国際対応ネットワークを運営している。
その活動の一環として、各主体間における情報共有と連携強化のため、米国における化学物質管理政策最新動向セミナーを開催する。

日時:平成29年11月13日(月) 13:00-15:30
場所:国連大学 ウ・タント国際会議場(東京都渋谷区)
参加費:無料
定員:300名
言語:同時通訳
事前申込が必要。10月23日(月)締切。

申込方法、当日のプログラム等はプレスリリース参照。

米国における化学物質管理政策最新動向セミナーを11月に国内で開催(環境省)

このページのTOPへ