環境省、大規模イベントにおけるごみ分別ラベル作成ガイダンスを策定・公表

2017年10月6日 | 教材 | 官公庁

環境省は、オリンピック・パラリンピック等大規模イベント会場等において、ごみ分別が徹底されるよう、地方公共団体や民間事業者等のイベント等開催者を対象とし、「大規模イベントにおけるごみ分別ラベル作成ガイダンス」を策定・公表した。
ごみがあふれる会場は日本の国際的なイメージダウンにもつながることから、廃棄物を排出する者にとって分かりやすい仕組みが必要と思われる。

このガイダンスは、既存のイベント会場や空港等における分別区分の現状や過去に開催されたオリンピック・パラリンピック競技大会での事例をもとに、イベント会場等におけるごみ分別区分の設定の考え方、分かりやすいごみ分別ラベルを作成する際の留意事項等をとりまとめたもの。

ガイダンスは以下のサイトでダウンロード可能。
http://www.env.go.jp/recycle/waste/event/guidance.html

環境省では、今後、このガイダンスの周知を図り、大規模イベント等においてもごみ分別が徹底されるよう、関係者に働きかけていくこととしている。

環境省、大規模イベントにおけるごみ分別ラベル作成ガイダンスを策定・公表(環境省)

このページのTOPへ