名古屋港におけるヒアリの確認について

2017年10月3日 | その他 | 官公庁

環境省及び国土交通省では、本年8月から中国、台湾等からの定期コンテナ航路を有する68港湾におけるヒアリ調査を実施している。
そのうちの愛知県名古屋港鍋田ふ頭のコンテナターミナルでの調査において、9月29日にヒアリと疑われるアリ(2個体)を発見したため、これを捕獲し、そのアリの同定を専門家に依頼したところ、10月2日にヒアリと確認された。

確認した個体については、殺虫処分するとともに、確認した地点の周辺に殺虫餌(ベイト剤)及びトラップを設置している。

なお、本件は68港湾におけるヒアリ調査において、4例目にヒアリが確認された事例となる。
本年6月の国内初確認以降、これまでのヒアリの確認事例は10月3日現在で11都府県、計20事例。

名古屋港におけるヒアリの確認について(環境省)

このページのTOPへ