環境省、「気候変動に関する日中政策研究ワークショップ」の結果を発表

2017年9月12日 | 催し | 官公庁

9月6日(水)~9月7日(木)の間、中国・北京にて「気候変動に関する日中政策研究ワークショップ」が開催された。
日本及び中国の気候変動政策、長期戦略の検討状況、パリ協定の実施指針等について活発な議論が行われた。
特に、中国において今秋導入が予定されている排出量取引制度について活発な意見交換がなされるとともに、両国は低炭素都市構築に向けた共同研究の実施を確認した。
本ワークショップは、環境省の支援により地球環境戦略研究機関(IGES)と中国国家発展改革委員会エネルギー研究所(ERI)が協力して開催したもの。

日中両国をはじめ、欧米各国の政府系・非政府系研究機関等から約60 名の研究者や関係者等が参加し、日本及び中国の気候変動政策の現況、長期戦略の検討状況、2020年以降の透明性枠組みやグローバルストックテイクのあり方、低炭素都市構築に向けた日中韓共同研究等について、活発な意見交換を行った。

結果詳細はプレスリリース参照。

環境省、「気候変動に関する日中政策研究ワークショップ」の結果を発表(環境省)

このページのTOPへ