「COOL CHOICE LEADERS AWARD 2018」の結果を発表

2019年2月12日 | 公募 | 官公庁

環境省は、「COOL CHOICE LEADERS AWARD 2018」の表彰式を平成31年2月7日に開催した。
この賞は、個人、グループ及び企業・団体等から広く「COOL CHOICE」に率先して取り組んでいる人・グループ、及び「COOL CHOICE」を広げるためのアイデア等について募集し、優秀な内容については背景や経緯、思い等のエピソード含めて環境省から発信するとともに、これからの普及啓発活動に活用していくもの。
平成30年9月3日(月)~10月19日(金)の期間募集を行い、合計710件の応募があった。
環境大臣賞5件、優秀賞10件が選定された。

各受賞内容の詳細、表彰式当日の様子や授賞者のインタビュー動画等は、下記特別サイトにで順次公開予定。
「COOL CHOICE LEADERS AWARD 2018」特設WEBサイト
https://ondankataisaku.env.go.jp/coolchoice/award/

「COOL CHOICE LEADERS AWARD 2018」の結果を発表(環境省)

新宿御苑「国立公園フェア」を2月~6月の毎月第3土日に開催

2019年2月8日 | 催し | 官公庁

新宿御苑において、国立公園各地域の情報発信や特産品販売等を行う「国立公園フェア」を開催する。
このイベントは、国立公園の所在する地域の魅力を知ってもらうことにより、国立公園に出かけてもらい、地域の活性化を図ることを目的としている。

開催期間:平成31年2月~6月 毎月第3土日10:30~15:30
会場:新宿御苑 インフォメーションセンター前(東京都新宿区)
内容:国立公園各地域の特産品等の販売と観光情報の発信

新宿御苑「国立公園フェア」を2月~6月の毎月第3土日に開催(環境省)

環境省、第14回エコツーリズム大賞を決定

2019年2月7日 | その他 | 官公庁

環境省は、エコツーリズムを実践する地域や事業者の優れた取組を表彰する第14回「エコツーリズム大賞」を決定した。
応募総数33件のうち、大賞1件、優秀賞3件、特別賞5件、特別継続賞1件が決まった。

この制度は、エコツーリズムに取り組む事業者、団体、自治体などを対象に、優れた取組を表彰し、広く紹介することで、全国のエコツーリズムに関する活動の質的・量的向上および情報交換等による関係者の連帯感の醸成を図ることを目的としたもの。

表彰式
日時:平成31年2月13日(水)13時30分~
場所:環境省第1会議室(中央合同庁舎5号館22階)

環境省、第14回エコツーリズム大賞を決定(環境省)

環境省、ジャパン・グリーンボンド・シンポジウムを開催へ

2019年2月5日 | 催し | 官公庁

環境省は、「ジャパン・グリーンボンド・シンポジウム」を開催する。
このシンポジウムは、国内外でのグリーンボンドへの関心が高まる中、この動きを更に加速させ、国内のグリーンボンド市場の拡大を促進するため、国内外におけるグリーンボンドの最新の動向について広く共有・発信していくことを目的としている。

国内外におけるグリーンボンドに関連する最新の動向やグリーンファイナンス、ESG投資に関する情報共有、国内のグリーンボンド発行、投資家による取組、地域のグリーンボンド発行拡大に向けた取組紹介や、グリーンボンドの先進的取組等を表彰するジャパン・グリーンボンド・アワード表彰式を実施する予定。

日時:平成31年3月1日(金)13:00~17:05(受付開始12:30)
会場:東京国際フォーラム ホールB5(東京都千代田区)
定員:300名
参加費:無料

環境省、ジャパン・グリーンボンド・シンポジウムを開催へ(環境省)

ソーシャルアクションセミナー「キヅキ会議」を2月16日、27日に開催

2019年2月4日 | 催し | 官公庁

環境省では、環境課題にSDGsの視点を取り入れ、環境の面からだけではなく、経済及び社会の面から総合的なアプローチをすることにより、2030年に向けた持続可能な社会の実現や「地域循環共生圏」の形成を目指し、環境課題を中心とする地域課題の解決に取り組む人材(SDGs人材)育成を行っている。
環境課題だけでなく経済及び社会の課題に関心を持つ若者向けにソーシャルアクションをテーマとした2つのセミナーを開催する。

「どう伝える?ソーシャルアクション」
日時:平成31年2月16日(土)13:30~16:00(開場13:00)
会場:地球環境パートナーシッププラザ(GEOC)(東京都渋谷区)

「多彩な表現でソーシャルアクション」
日時:平成31年2月27日(水)17:30~20:00(開場17:00)
会場:地球環境パートナーシッププラザ(GEOC)(東京都渋谷区)

参加費:無料
定員:各回30名

ソーシャルアクションセミナー「キヅキ会議」を2月16日、27日に開催(環境省)

環境教育等による環境保全の取組の促進に関する法律施行規則の一部を改正する省令案に対する意見募集

2019年2月1日 | 公募 | 官公庁

環境省は、環境教育等による環境保全の取組の促進に関する法律施行規則の一部改正に当たり、意見募集(パブリックコメント)を実施する。

意見募集対象:環境教育等による環境保全の取組の促進に関する法律施行規則の一部を改正する省令案について
意見募集期間:平成31年2月1日(金)から平成31年3月2日(土)

環境教育等による環境保全の取組の促進に関する法律施行規則の一部を改正する省令案に対する意見募集(環境省)

環境省、温泉地の活性化に向けた「温泉地×企業で、新しいスタイルの滞在を創出する」セミナーを3月に開催

2019年2月1日 | 催し | 官公庁

環境省は、温泉地の活性化に向けた第3回目のセミナーを「温泉地×企業で、新しいスタイルの滞在を創出する」をテーマに開催する。

このセミナーは、現代のライフスタイルにあった温泉地での滞在方法を「新・湯治」と位置づけ、この趣旨に賛同する人を「チーム 新・湯治」としてネットワーク化する環境省の取組のひとつ。
チーム員間の情報交換等を通じ、自治体、団体、企業など、多種多様な連携が生まれ、温泉地において新しい取組が展開されることを期待している。

日時:平成31年3月6日(水)13:30~16:30
場所:公益財団法人日本交通公社 地下1階「旅の図書館」
参加費:無料
対象者:(1)「チーム 新・湯治」チーム員(構成員含む)
(2)「チーム 新・湯治」への参加を検討している団体

環境省、温泉地の活性化に向けた「温泉地×企業で、新しいスタイルの滞在を創出する」セミナーを3月に開催(環境省)

平成30年度災害時等の熱中症対策シンポジウムを開催

2019年2月1日 | 催し | 官公庁

環境省は、「平成30年度災害時等の熱中症対策シンポジウム」を開催する。
このシンポジウムでは、災害時等における熱中症対策に関する基礎的な知識や、自治体、民間企業における取組等、災害時等の熱中症対策に役立つ情報を提供する。

開催日:平成31年3月15日(金)
開催時間:13:00~16:00
開催地:CIVI研修センター 秋葉原D205ホール(東京都)
参加費:無料

平成30年度災害時等の熱中症対策シンポジウムを開催(環境省)

環境省、ニホンライチョウを公開展示

2019年2月1日 | 催し | 官公庁

環境省及び公益社団法人日本動物園水族館協会は、飼育下繁殖等により生息域外での保全に取り組んでいる国内希少野生動植物種ニホンライチョウの公開展示を進めることになったと発表した。
平成31年3月15日(金)以降、飼育技術の向上や普及啓発の促進等を目的として、各飼育園館において実施される。

展示施設を活用することで、より広い飼育環境の確保が可能になり、また、広い飼育環境はニホンライチョウのストレスを緩和し、より自然な行動を誘発する効果が期待される。
今後、行動観察による科学的知見の集積を進めることで、安定した飼育方法の構築及び今後の野生復帰技術の検討を進めることとしている。
さらに、公開展示により、ニホンライチョウをはじめとする絶滅危惧種の保全の取組や、ニホンライチョウを育む山岳環境の重要性や保全について普及啓発を推進し、広く理解を深める機会となることが期待される。

ニホンライチョウを公開する飼育園館は以下の通り。
・富山市ファミリーパーク
・恩賜上野動物園
・大町山岳博物館
・那須どうぶつ王国
・いしかわ動物園

環境省、ニホンライチョウを公開展示(環境省)

上信越高原国立公園志賀高原地域の公園計画を変更

2019年1月31日 | 制度・計画 | 官公庁

環境省は、上信越高原国立公園(志賀高原地域)の公園計画の変更を行ったと発表した。

昭和24年の指定以来、公園区域及び公園計画の全般的な見直しが行われていなかった志賀高原地域について、自然的及び社会的状況の変化を踏まえ、この地域の風致景観の保全と適正な利用の増進を図るため、大半の普通地域を特別地域として指定する等、保護規制計画と利用施設計画の抜本的な見直しを行った。
なお、公園区域線の明確化を行うものの、公園区域の変更は行っていない。

上信越高原国立公園志賀高原地域の公園計画を変更(環境省)

このページのTOPへ