東北地方ESD環境教育プログラム

 本プロジェクトは、東日本大震災を経験された東北6県の学校、保育所や幼稚園、企業、団体などの皆さまのESDの視点を取り入れた取組を、全国へ発信することを目的としています。 このたび、環境大臣賞をはじめ、東北地方におけるESDの実践モデルが決定しました。地域の自然や文化、伝統の大切さや、これからの地域のあり方を考える創意工夫あふれる取組が選定されました。今後の皆さまのESDの実践にお役立てください。 本プロジェクトに関連するイベントの開催情報は、随時ウェブサイトで発信します。


※ESDとは?
持続可能な開発のための教育(Education for Sustainable Development)の略。
一人ひとりが、環境との関係性の中で生きていることを認識し、世界の人々や将来世代のことを考え、持続可能な社会の実現に向けて適切な生活態度を促したり、これからの地域のあり方を考えたりする教育・保育を言います。詳しくは、こちらをご覧ください。


What's new   


   ●  2015.03.30  新たに4つのESDプログラムが加わりました
   ●  2015.02.05 『「ESDを通じて学校が元気になる!地域が元気になる!」ESDセミナー2015・
             ESD全国学びあいフォーラム』のようすを掲載しました
   ●  2014.12.25 『「ESDを通じて学校が元気になる!地域が元気になる!」ESDセミナー2015・
             ESD全国学びあいフォーラム』参加者募集開始 締切は2015年1月23日16:00
   ●  2014.11.26  発表大会を開催しました
   ●  2014.11.07  受賞結果を掲載しました
   ●  2014.11.07  発表大会の参加者募集を開始しました 申込締切は2014年11月20日(木)
   ●  2014.10.15  「よくわかる ESDセミナー」のようすを掲載しました
   ●  2014.09.01  「よくわかる ESDセミナー」参加者募集開始 締切は2014年10月10日 16:00


ESDプログラム

ESDプログラム

本プロジェクトでは、これから始めるもの、既に継続して取り組まれているもの など、今年度実践されるESDプログラムの応募をお待ちしています。 また、ESDを始めたいけれど、どんな取組をすればいいか分からないという方へ、10のESDプログラムをご紹介します。

※10のESDプログラムとは?
東日本大震災の経験を機に、東北地方の皆様が取り組まれている環境保全活動や 環境教育等を収集し、これらを基に作成されたプログラムのこと。

チャレンジプロジェクトの概要

プロジェクトの流れをご紹介します

 

プロジェクト申込

プロジェクト申込方法

応募方法や応募シートをご案内します

 

実践モデル

各賞が決定しました

 

発表大会

発表大会

11/22(土)仙台市で発表大会を開催しました

 

その他のお知らせ

1/25『「ESDを通じて学校が元気になる!地域が元気になる!」ESDセミナー2015・ESD全国学びあいフォーラム』を開催しました

 

プロジェクト2013

プロジェクト2013

昨年度に実施された「東北地方ESDプログラム チャレンジプロジェクト」 についてご紹介します

 

ページのトップへ